現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

通知表を渡す時に必ず子どもに伝えること。自分の価値は自分で判断する。他人軸で生きずに自分軸で生きなさい。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170720212640j:plain

私の働いている地域は、今日が1学期最後でした。

 

 

明日から夏休み。

 

 

 

そして、子どもの中で、夏休み最後の一大イベントと言ったら

通知表ではないでしょうか?

f:id:yumezyuku:20170720210917j:plain

 

 

正直な話、私たち教員は通知表にかなりの時間を費やします。

日々の中でノートを点検したり、授業中の発言などを参考にしたり、テストの点を見たり(ただテストの点だけではなく、本当にわからなくて×なのか、それともケアレスミスなのかも判断することもあります)

 

 

 

一番時間を費やすのは「所見」と言われる、言葉で子どもの勉強面や学習面の良いところを書くものです。

実際、私の子供の頃を思い出しても、所見なんてほとんど見ていなかったような気がします。それよりも「3、2、1」や「◎、◯、△」にばかり目がいっていました。

 

 

先生の立場になって初めてわかります。

 

通知表は先生の思いと愛が詰まっている。

f:id:yumezyuku:20170720212522j:plain

 

 

 

 

しかし、その通知表への愛も、労力も踏まえて

敢えて言います。

 

それは、子どもにも伝えています。

f:id:yumezyuku:20170720212640j:plain

 

 

そんな紙切れ1枚でみんなの価値は決まらない!!!!

 

 

所詮、この通知表は、先生という一人の「他人」から見た評価です。

それを全て信じ切って、それが自分だと思っていると将来困ったことになりますよ。

 

他人の評価=本当の自分ではありません。

 

 

 

 

大切なのは自分の価値を自分で判断すること

です。

 

 

 

大切なのは
「自分がこの1学期間何を頑張ってきたか」
「自分が1学期間を通してどこが成長したか」
「自分が自分を褒めてあげたいところはどこか」
  
です。
  
大切なのは「他人からどう思われているか」ではありません。
 
『自分が自分を認めてあげられるかどうか』です。
  
 
それがたとえ通知表に載っていなくても。
たとえ先生が見ていなくても。

 

 

先生に「発言もっとがんばった方がいいよ」と言われたとしても

自分自身で「発言がんばったんだけどな〜。」と思うなら、それでいいじゃないですか。

 
 
 
そんな
「私よく頑張ったな〜」「俺成長してるじゃん!」
と自分で自分を褒めてあげられるかが大切なのではないでしょうか。

 

 

 

だからこそ、私は通知表を渡す時あまり自分から「ここがんばったね」「ここを頑張ろう」という話はしません。

その代わり

①自分が一番学習面で頑張ったところは?

②自分が一番生活面で頑張ったところは?

③2学期頑張りたいことは?

 

の3つを振り返って話してもらいます。

それをまず自分で振り返り、考えた後で

私から見た子供のよかった点を伝えます。

 

 

 

大切なのは

自分の価値を自分で判断すること

 

 

 

 

子供に綺麗事を言い続けられる大人になろう!理想を語れる大人になろう!と始めた「10秒で読める子供のための名言集」です。よろしければ、いいね、シェアお願いします。

happywords.hatenadiary.jp