現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

夏休みだかだこそ子供達に伝えたこと「今しかできないことに挑戦しよう」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170723164951j:plain

 

夏休みが始まって2/40が終わりました。

お父さん、お母さんの皆さん。お子さんの様子はどうでしょうか?
生き生きして過ごしているでしょうか?それともダラダラ過ごしてしまっているでしょうか?宿題をいきなりやり始めているでしょうか?
 
 

 

 
 
もしかしたら通知表の結果によって過ごし方が変わってしまっているのかもしれません。通知表の見方を書いた記事はこちら。
 
 
さて、今回は、夏休み特別企画。
夏休みの過ごし方についてお話しします。
 
 

なんでもいいからチャレンジしよう

 
夏休み前になると
「夏休みの過ごし方」というような授業をします。
 
「一学期の復習をしましょう」
「生活リズムを整えましょう」
「交通安全に気をつけましょう」
 
毎年毎年同じことを聞かされる子どもたちは「はいはい。そうですね」という感じで聞いています。
 
確かに夏休みの生活は大切です。
勉強もしておけば二学期にいい状態でスタートすることができます。
生活リズムを夏休みの間も整えておけば、二学期も苦しまずに生活できます。
 
 
 
 
しかし
それだけでは、子供達はなんのための夏休みだ?と思ってしまうのではなでしょうか?
学校の生活と同じ時間くらい勉強して、同じような生活をしなさい。
 
それって夏休みの意味あるのでしょうか?
 
 
 
 
私たちも、その答えを明確に持っていますか?
なんのために夏休みがあるのでしょう?

f:id:yumezyuku:20170723112923j:plain

 

 

 

それは人それぞれあると思います。

人それぞれ違って良いと思います。

 

 

私は、

「学校に通っている時間ではできないことを経験するため」

だと思っています。

 

 

だからこそ、一学期の最後になると

このような授業と宿題を出します。

「夏休み初体験チャレンジ授業」

f:id:yumezyuku:20170723164951j:plain

 

 

普段子供たちって自由に過ごしているようで結構忙しいと思っています。

毎日決まった時間に起きて、決まった時間に学校行って、決まった時間に帰って、塾に行ったり習い事に行ったりして、気づいたら晩御飯、宿題をして寝る。

そしてまた次の日も

決まった時間に起きて、決まった時間に学校行って、決まった時間に帰って、塾に行ったり習い事に行ったりして、気づいたら晩御飯、宿題をして寝る。

そしてまた次の日も・・・・

 

と、忙しい時間を過ごしています。

 

 

 

そんな時だからこそ、

学校にいる時にはできないことをやって欲しいと思います。

 

 

どんなことでもいいのです。

「買い出しから全て自分一人でカレーを作ってみる」

「何時まで起きていられるか一日チャレンジしてみる」

「県外のおばあちゃんの家に一人で行ってみる」

「一日でどれだけ本が読めるかチャレンジする」

「近くのホームセンターに行って棚を作る」

「初めてお姉ちゃんと離れて一人で寝る」

 

 

これは子供達が考えていたチャレンジです。

 

 

 

「夜更かししたら、生活リズムが・・・」

「一人でおばあちゃんちとか危ない・・・」

「買い出しできるのかしら・・・」

 

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

子供達には「お父さん、お母さんに交渉して、ダメだったら違うチャレンジ考えな」とは言ってありますが

 

 

たった一日の夜更かしで数日の生活リズムが狂うことより

やりたいことにチャレンジした!という達成感や、チャレンジしたぞ!という好奇心を

満たしてあげる方が大切だと私は思ってしまいます。

 

 

それは、人それぞれ。ご家庭の教育方針には介入できませんし、尊重すべきだと思っています。

しかし、私はこんなことを伝えたい。

 

 

チャレンジしろ!

失敗したって経験して考えていけるしそれが宝物になる。

f:id:yumezyuku:20170723115205j:plain

 

 

 

 

私も、チャレンジを子どもに決めてもらいました。

私のチャレンジは

丸一日電気、ガスを使わないで生活する

 

クーラーのある場所にも行かない。ガスが使われる食べ物も食べない。

それをキャンプではなく、日常で行ってみる。

ワクワクしますw

そんな一日を過ごします!

 

 

 

 

 

 

子供に綺麗事を言い続けられる大人になろう!理想を語れる大人になろう!と始めた「10秒で読める子供のための名言集」です。よろしければ、いいね、シェアお願いします。

happywords.hatenadiary.jp