現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

「視覚優位の人の特徴と接し方」〜同じものでも人によって見え方が違う?!〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

1が多かったあなたは「視覚優位タイプ」です。

f:id:yumezyuku:20170809213711j:plain

 

 

視覚を重視して物事を捉えているタイプの人です。

 

 

その人の特徴は

・空間認知が得意、何かを図で認知するのが得意

・人の顔を覚えるのが得意

・ざっと見ただけで、全体の関係性を理解できる

・フレーズや歌詞を覚えるのが苦手

・ごちゃごちゃしている部屋が苦手

・頭のなかで、言語ではなく映像を使って思考する(映像思考)

・話が飛びやすい

・話を聞かない

・テンポが速い

・会いたがる

・身振り手振りが大きい。

・見た目や結果にこだわる。

・結果が見えないとやる気が起こらない。

・効果的であることが好き。

・違いを目のあたりにしたい。

・気持ちが変わりやすい。

 

 

などの特徴があります。

 

 

 

 

・視覚優位タイプの人にオススメの勉強方法

 

図や表など、視覚的に理解をサポートするものがあると学習効率が上がります。


英語の勉強をする際は形の見えるものから勉強してみると良いです。

 

f:id:yumezyuku:20170809214405j:plain

 

なるべく集中しやすいように、

部屋を整頓するなどスッキリとした環境を用意すると良いでしょう。

 

トイレやベッドの上の天井など、目に入るところに暗記したいものを貼って、無意識に目に入れるように工夫してみると良いかもしれません。

 

資料を読んだり、ノートをまとめるときは、蛍 光ペンなどで色をつけたり、チャートや図などを 用いたりするのが効果的です。

 

言葉のつづりや歴史上の事実を覚えるときは、 目で見てイメ ージが頭に浮かぶようにビジュアル化すると効果的です。

 

言葉で出される指示がなかなか覚えられないの で、なるべく紙に書いた指示をもらうようにしましょう。

 

何でもメモを取るくせをつけるといいでしょう。

 

 

 

 

・視覚優位な人への接し方

回りくどい表現は受け取りにくく、理解が難しいです。

それよりも視覚的なツールを使い、相手が映像を浮かべやすいように伝えることが大切です。

やるべきことを紙に書かせ、見えるところに貼るなどするとイメージがしやすくなります。

仕事の説明も、過去の資料などを「見せて」、イメージをつかみやすくすると理解しやすくなります。

 

 

 

 

「タイプ診断に戻る」