現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

子供に本当に求めていることって本当はそんなに多くない。「ただ笑っていてほしい」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

9月1日

この日は、「日本の子供の自殺が一番多い日」ということを昨日記事にしました。

 

www.nino2no.com

 

 

子供たちに会えるというワクワクと

子供たちはどんな風に成長しているのかと思うワクワクと

子供は学校を楽しみにしてるかな?嫌な気分になってないかな?というドキドキと

 

いろんな感情をもって迎えた9月1日。

黒板はこんなメッセージでお出迎え。

f:id:yumezyuku:20170901205738j:plain

 

夏休み数日前。

久しぶりの教室。やはり主役の子供たちがいない教室は、寂しい。

半日以上かけて、じっくりと掃除し
久しぶりのハッピー黒板

 

子供たちに今の正直な気持ちを書きました。

 

 

こうやって黒板を書いていると

本当に子供に対して望んでいることって、そんなに多いことではないと気づくことができます。

 

 

やはり、近くに良すぎるとあれもこれもと要求したくなってしまうんですね。

欠点とか、不満とかたくさん見えて来てしまうんです。

それは親子関係もそうだし、恋人関係でもそうだし、先生と生徒の関係でも友人関係でもそうだと思います。

 

 

近ければ近いほど甘えが出たり

近ければ近いほど不満が増えたり・・・

 

でも、少し距離をとってみたり、冷静に考えたりすると気づくことがあります。

 

 

 

相手に求めていることってそこまで多くないんだな〜ということが。

 

 

確かに子供には

勉強もできるようになってほしいし

運動もできるようになてほしい。

リーダーシップを取れるようになってほしいし

コミュニケーッションも取れるようになってほしい。

 

そうやって高望みするから

不満が見えるし、欠点に目がいく。

 

 

 

しかし、本当は

「この子が笑顔であってほしい」

「幸せであってほしい」

 

 

ただそれだけだと思います。

 

 

 

今日も、クラスの子全員出席でした。

クラスに行くと何人もの子供が

「せんせ〜い!!!」って笑顔を見せてくれます。

夏休みの思い出や、チャレンジしたことを話してくれました。

チャレンジとはこのような感じです。

www.nino2no.com

 

 

 

その笑顔を見れるだけで幸せでした。

本当は相手に求めているものなんて非常に少ない。

 

それを思うと、どんな姿だって幸せに感じることができると思います。