現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

勉強でもクラスをハッピーにするのも「守破離」の法則がある。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

皆さんは「守破離の法則」というものを知っていますか?

 

f:id:yumezyuku:20170904220338j:plain

 

花道、茶道、柔道・・・それ以外にも勉強やクラスをハッピーにする方法も守破離の法則が役に立つことがあります。

 

簡単に説明しますと

 

「守」:師匠やお手本を見つけて「型」を身につけ、「マネる」段階。
「破」:いままで身につけた「型」をいったん破り、応用に入る段階。
「離」:完全に自分のやり方を生み出す段階。

 

 

ということです。

 

 

 

ある講演家の人はそれを

TTP

TKP

OKP

 

と面白く表現していました。私はよくそれを子供に伝えています。

その辺は詳しく書くと長くなるので省かさせていただきます。

 

 

 

私のハッピー黒板

一見守破離を無視して勝手にやっていると思われがちですが
全く無視しているかというとそうではありません。

 

昔の担任の先生も朝黒板を書いてくれていました。

周りの先生方も書いていました。

 

なので、それを真似し、応用して今の黒板があります。

 

f:id:yumezyuku:20170905202415j:plain

 

 

 

実は学級経営も「守破離」がある?!

 

これは勝手な持論ですが

学級経営やチーム作りにも「守破離」のような3段階があるような気がしています。

 

子供の実態も考慮しますが、私はそれを大体1学期、2学期、3学期で分けています。

ちなみに私の考えるチーム作りは、「指導者がいなくても自分で考え行動できる集団」のことです。

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

チーム作りにおける「守」

この段階は1学期。この時期に一番大切にしているのは
教師(指導者)と子どもの信頼関係を築く

ということです。

 

教師が楽しい授業を考えたり、いろんなアイデアを提供して子供に伝えたり

「学校は楽しいもんだ」「学校は楽しんでいいんだ」という心を育てます。

 

ここで重要なことは

「こんな楽しいことを自分たちでも作ってみたい」

と子供たちに思わせること。また、「自分でもできるかもしれない」

という希望をもたせてうずうずさせることです。

 

そこまで行けば、次の段階へ移ります。

 

 

 

チーム作りにおける「破」

この段階で一番大切にしていることは

子供同士の信頼関係を強くすること

です。

 

「楽しい授業や楽しいことを自分たちでもやってみたい!」

そううずうずしている子供たちに

「じゃあやってみる?」と子供に少しずつ渡して行くわけです。

例えば

・席替えの仕方を子供たちに任せてみる

・必要だと思う係を作らせてみる

などです。

 

しかし大切なのは

いつでもサポートできるようにこちらの準備を整えておくこと


 

こちらからはサポートはしませんが、困った時にいつでもサポートできるようにこちらも考えておく。

 

そして、気にかけて子供が達成できるように影のサポートをして行くことです。

そして「自分でもできた!」「楽しい!」と思えたらこの段階は卒業です。

 

 

 

 

 

 

 

チーム作りにおける「離」

 

この段階では完全に「任せる」ことです。

この段階で一番大切にしていることは

 

失敗することも、子供同士のいざこざも自分たちで乗り越えていけるように信じること

 

 

www.nino2no.com

 

 「君たちなら乗り越えられる」「大丈夫!これも学びにできる」

「君たちの力を信じてるよ!」

そうやって任せていきます。

 

ここでは、教師側も我慢が必要になります。しかし手は出しません。

すると、ちゃんと子供たちは乗り越えていきます。

 

 

失敗するときもあります。

そんな時には一緒に考えます。

どうしたらいいのか。何が学べたのか。

そうして一緒に成長します。

 

 

 

 

この3段階。

これは、子育てとか、部活とかでも使えるようなきがしています。