現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

やってみることの大切さ


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170909074756j:plain

 

自分が「こんなことしてみたいな」と思うことを

「お金がないから」「時間がないから」「自信がないから」と理由で

やる前から諦めていませんか?

そんなことが少しでもあった方に向けて書かせていただきました。

 

 

 

 

 

以前、ブログで

人によって利き手が違うように、人が物事を認識するために使う五感の中でも、人によって”利き感覚”があるという話をしました。

 

その診断をしたい方はこちらから

www.nino2no.com

 

大きく分けると

「視覚」「聴覚」「体感覚」に分けられます。

(クリックするとそのタイプの詳細に飛びます。)

それぞれの優位感覚によって

見え方、感じ方、勉強の仕方、頭に入っていく経路などが変わっていきます。

 

 

今回お話することはあ「体感覚優位」の方は すんなり頭に入っていくことがおいのですが、「聴感覚優位」の方には、あまり受け入れがたい話かもしれません。

 

 

 

少し過去記事の紹介をしてしまいましたが本題に入ります。

 

 

 

 

 

 

私のクラスで、最近「詩」の授業を行いました。

しかし、「詩」ってなかなか授業が難しいのです。

というより楽しい授業が思いつかないのが本音です。(あくまで個人的な意見です)

 

以前までは

詩を読んで「どこがよかった線を引こう」「なぜ筆者がそう書いたのかを想像しましょう」と投げかけたり詩を読み合うなどなんとか工夫していましたが

子供たちから「読まされている感」が漂っていました。

 

 

今回行った授業の目標は「場面の様子を思い浮かべながら読むことができる」という目標があったので、読む読む読む読むということに固執していたのかもしれません。

 

 

なので、発想を変えて「読む」⇒「自分で作る」にしたら面白くないかなとやってみました。

 

今回の詩は金子みすゞさんの「ふしぎ」という詩です。


              ふしぎ
                   金子みすず


          わたしはふしぎでたまらない、
          黒い雲からふる雨が、
          銀にひかっていることが。

          わたしはふしぎでたまらない、
          青いくわの葉たべている、
          かいこが白くなることが。

          わたしはふしぎでたまらない、
          たれもいじらぬ夕顔が、
          ひとりでぱらりと開くのが。
 
          わたしはふしぎでたまらない、
          たれにきいてもわらってて、
          あたりまえだ、ということが。

 

 

ある程度詩の面白さや、ここが素敵っていうところ、リズムの大切さなどを出させてから

「では、みんなのふしぎを詩にしてみよう」と実際書かせてみました。

 

 

 

「やってみる」ことで初めて見えるものがある

 

実際、詩を作る授業をやってみると、子供たちの目の輝きが全く違います。

終わった感想では、

「最初は詩なんて簡単だと思ったけど、リズムに当てはまらなかったり、ふしぎをどう表現したらいいかわからなくて、金子さんはすごいと思った」

 

「詩ってただ読むだけで面白くないと思っていたけど、実際やってみると、とても面白かった。金子さんの詩は奥が深い」

 

「いろんなことを考えないと詩は作れないと感じた。でも考えるのが楽しかった」

 

という意見が多数出ました。

 

 

ただ読むだけでは絶対出なかったことだと思います。

 

 

 

そして、これは私たちにも当てはまることだと思います。

当たり前にできることの中で暮らし過ぎていて

やったことがないことを「やってみる」ことの大切さを忘れていませんか?

 

子供が「こんなことをしたい」「あんなことをしてみたい」と行った時に

「それは無理だよ」「そんな簡単なものじゃないよ」とやる前から諦めさせていませんか?

 

 

自分が「こんなことしてみたいな」と思うことを

「お金がないから」「時間がないから」「自信がないから」と理由で

やる前から諦めていませんか?

 

やってみるからこそ感じることがあります。

やってみるからこそ結果が手に入ります。

やってみるからこそ見えるものがあります。

 

 

「お金がない」というのなら、お金がなくてもできる方法を考えやってみる。

「時間がない」というのなら、時間がなくてもできる方法を考えやってみる。

「自信がない」というのなら、もっと簡単にチャレンジできる方法を考える。

 

 

全てはやってみることから始まるのではないでしょうか?