現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

挑戦しまくれる人になる方法教えます!方法は「だるまさんが転んだ方式!!」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

前回の記事で

「何のために」を考えている人は

「ただ何となく」過ごしている人に比べると

 

幸せな人生を歩めると言うお話を書きました。

 その記事はこちら↓

www.nino2no.com

 

 

この記事では

児童会役員選挙を例に話をしています。

 

 

「ただ児童会役員になりたい」と立候補人と

「やりたいことがある」から立候補する人の

 

2種類の人に分けられ

 

 

 

それは

「何のために」と言う目的があるかどうか

f:id:yumezyuku:20171021134149j:plain

 

 

 

 

という話です。

 

 

これを読んでいて

「では、その目的がなければチャレンジはしないほうがいいの?」

f:id:yumezyuku:20171022185942j:plain

 

という疑問が浮かんでくると思います。

(実際、LINE@にそのような質問が寄せられました)

 

 

 

 

 

 

今日は

もしかしたら

前回お話した内容とは

真逆のイメージをお持ちになるかもしれませんが

 

 

 

「どんどん挑戦していこう!」

という内容のお話です。

f:id:yumezyuku:20171022202100j:plain

 

 

 

少し

ノウハウ的な

挑戦するのが怖く無くなる方法も

お伝えしますので

 

 

 

 

よかったら最後までお付き合いください。

 

f:id:yumezyuku:20171022190329j:plain

 

 

 

「身の程しらず」が経験する素敵なこと

私のクラスの学級代表選挙では

男子2人

女子4人が立候補しました。

 

 

 

 

 

事前に「学級代表やりたい人?」と聞いた時には

男子4人

女子7人が立候補しましたが

 

 

 

 

 

前回の

「何のために」の話をした数日後に

学級代表選挙を行ったので

だいぶ少ない立候補になってしまったようです。 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

しかし

その男子2人投票の結果同数。

 

女子は4人中上位3人が同数。

 

という稀な結果になり、再度演説&投票をして決めることになりました。

 

 

 

 

結果は結果なので男女一人ずつが選ばれたのですが

 

 

このあと

一人の子供がこんなことを言っていました。

 

 

 

 

 

「自分は、こんなに周りの人が票を

くれるなんて思っていなかった。嬉しかった。」

 

 

 

 

 

 

これこそ

挑戦することでしか得られないもの

だと私は思います。

 

 

 

 

 

 

挑戦するからこそ手に入れられるもの

それは

 

今の自分の客観的な「結果」

 

 

 

 

 

「結果」は挑戦しなければ手に入らないものです。

 

何もしなければ結果は手に入りません。

 

 

 

 

 

つまり

 

挑戦しなければ

 

 

 

 

 

いい結果も

よくない結果も

 

 

 

 

 

受け取ることができません。

 

 

 

ということは

 

 

 挑戦しなければ

変化することができない

成長することができない

 

 

のです。

f:id:yumezyuku:20171022201940j:plain

 

 

  しかし

 

 

 

人はなかなか挑戦できません。

 

 

 

 

なぜ挑戦できないのかは

こちらに詳しく書いてありますが

 

www.nino2no.com

 

 

 

脳みその構造に従っていると

 

 

 

 

人は自然と

変化を嫌ってしまうので

 

 

 

その

「脳みその構造」を

逆手にとっていけばいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

私が意識しているのは

 

 

 

脳みそに「不快」を感じさせないように

 

 

さりげなく

 

 

ちょっとずつ

 

 

気付かれずに

 

 

 

挑戦していくことです。

 

 

 

 

 

まさに

 

 

だるまさんがころんだ作戦!!

f:id:yumezyuku:20171023204208j:plain

 

 

何かを挑戦しようとするとき

 

 

 

 

頑張ろう!!

 

 

 

 

とする人がいます。

 

 

 

頑張ろう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメです笑

 

 

 

 

 

なぜかというと

 

 

 

頑張るという気持ちは

 

 

 

 

 

 

「脳が不快に思っている」状態

の時に湧いてくる思考です。

 

 

 

 

 

だから

 

 

脳が「楽しい」と思ったり

脳が「いつもと同じ」と思っている状態を保ちつつ

 

 

 

ちょっとずつ挑戦していくことです。

 

 

 

 

 

 

少しずつ

 

 

 

だから

 

 

 

無理してはいけないのです。

 

 

 

 

これなら頑張れそう

 

という目標は高すぎです。

 

 

 

 

頑張らないでもできる

 

 

そこからはじめることこそ

 

 

挑戦できる人の秘訣だと思います。