現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

【感動して涙した話】やっぱり信じることだよ。やっぱり待つことだよ。子供は自分で成長する


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

最近「信じて待つ」「幅を持たせる」という話をよくしています。

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

今日はその「子供に任せる」ことを続けることで

素敵なことが起こったので

それを書きたいと思います。

f:id:yumezyuku:20171101221343j:plain



 

 

 

子供は素敵に育つ

 

 

 

 

この日、私の学校は掃除の時間に

クリーン大作戦

という掃除がありました。

 

 

全校で外の草むしりや落ち葉拾いを一斉に行うという

月一イベントです。

f:id:yumezyuku:20171101212753j:plain

 

 

 

 

以前の学校でも「一斉草取り」という名前で

同じイベントがあったのですが

その時も子供はやる気になってもりもり草むしりをしていました。 

www.nino2no.com

 

 

 

今の学校でも

いつもと違う場所が掃除できると

張り切る子が多いのです。

 

 

 

しかし

そのクリーン大作戦(草取り)に参加できない児童がいます。

 

 

 

それが教室掃除の子たち

 

f:id:yumezyuku:20171101213021g:plain

 

 

 

 

教室は毎日掃除しないとかなり汚れてしまいます。

なので

教室掃除の子どもたちだけは

残って教室掃除をします。

 

 

 

クラスの子は

教室掃除 外で草取りをしたい

という思考です。

 

 

 

なので

教室掃除は人気がなく

いつもなら先生が勝手に「よろしく!」って当てていくのですが

 

 

 

今回は

数名の子が

「先生。私たち教室掃除やってもいいよ」

「俺もやってもいいよ。」

 

という児童が現れました。

 

 

 

しかし

正直な話私は

「あれ?もしかして、サボる気か?」

「成長してきたしな。先生が見ている草取りより気楽な教室掃除を選んだか?」

 

と思ってしまいました。

 

 

 

しかし、他の子は外に行きたがっているので

「じゃあお願い」

と言い、私も外へ行きました。

 

 

 

 

その時、残った教室掃除の子同士が

ニヤッと笑ったことに

少しざわざわ感を覚えて・・・

f:id:yumezyuku:20171101214010j:plain

しかし、私はその子たちに任せて掃除に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草取りが終わり

教室に帰ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目を疑いました

f:id:yumezyuku:20171101214846j:plain

 

 

 

なんと

 

 

 

教室掃除だけでなく

全員分のランドセルと水筒、配布物が

全て配られていたのです。

 

 

 

 

その日は5、6時間目は音楽の授業で

体育館へ移動して授業。

その後はすぐに帰りの準備をしなければいけない日でした。

 

 

 

 

 

教室掃除の子どもたちは

それを知っていて

全員の帰る準備を済ませておいてくれたのです。

 

 

 

 

 

さらにすごいのが

この子たち

 

 

 

ニヤッとしたのは

お互い

教室掃除になって

みんなのランドセルや水筒を準備して

みんなをビックリさせてやろう!と

初めから考えていたようなのです。

 

f:id:yumezyuku:20171101215514j:plain

 

 

 

教室掃除の子どもたちが

「みんなが帰ってきた時、帰る準備が全部できてたら喜ぶぞ〜!」

「みんなが帰ってくる前に完璧にするぞ!」

「いそげ〜〜〜〜!」

 

 

なんて笑いながら

楽しんで掃除をしていることを想像したら

 

 

 

 

泣けてきました。

 

 

 

 

めっちゃいい子に育ってるやん!!!

 

 

 

 

 

あの時

子どもたちのニヤッとした顔を見たとき

私が「やっぱり先生が教室掃除決めるわ」

って子供を信じなかったら

 

 

こんな感動は生まれませんでした。

 

 

 

信じてよかった。

 

 

待ってよかった。

 

 

本当にそう感じた瞬間でした。