現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

子どもとの接し方〜上下関係ではなく対等な人対人の関係を築く〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

私は、現在の立場上
かなり出張が多く、クラスを空けてしまうことがあります。

 

 

 


その時には、
出張の時だけ来ていただく
補充専門の先生に入っていただくのですが

 

 

 

その先生から
前回、こんな風に
言っていただきました。

 

 

 

先生のクラスは、
本当に優しい子供達が育っていますね!

 

みんなで声かけをするし
自分たちでなんでもやるし
まとまっています。

 


今まで、沢山のクラスに入ってきましたが

こんなステキなクラスは初めてです。

 

 

 


それを聞いた時
本当に嬉しかったです。

 

 


そして、思わず
黒板を通して子供達に伝えました。

f:id:yumezyuku:20171116205930j:plain

 

こうやって文字として残せることも

黒板メッセージのいいところですね♪

 

 

 

 

そして、そのなかで
なぜ、子供とここまで信頼関係が
作れたか
客観的に見てみると

 

 


一つの答えに行き着きました。


それは

 

「先生と生徒を上下関係で見ない」
ということです。

肯定的に言うなら


「子ども一人一人を対等な人として接する」
ということです。

f:id:yumezyuku:20171116211350p:plain

 

 


だから私は、子供にたいして
「偉いね」
「よく出来たね」
というような褒め言葉は使いません。

 

 

 


代わりに
「ありがとう!」
「すごいな〜」
「それしてくれて嬉しい!」
という感謝や自分の気持ちを伝えています。

f:id:yumezyuku:20171116210537j:plain

 

 

 

 

これは、戦略ではなく


私は心から子どもは師だと思っています。

 


日々子どもから色んなことを教えてもらえます。

 

 


心の底から楽しむことや
この一瞬に全てをかける心
果敢にチャレンジする心や
嫌なことを嫌としっかり表現する大切さ


数えたらきりがありません。

 

 

 


私たちが忘れてしまった大切なことを
こどもから沢山教えてもらえます。

 

 

 

 

知識と経験。体力と年齢。
それは子どもには優っているところです。

 

 

 

しかし勘違いしてはいけません。

 

 


そもそも人に上下関係なんていうものはないのだと思います。

 

 

 

力があったり権力がある人が
勘違いをしているだけです。

 

f:id:yumezyuku:20171116210727g:plain

 

 

力づくでやれば子どもを従わせることはできるでしょう。
怒鳴ることをすれば思い通りにすることだって出来るでしょう。

 

 


しかし、それを
「自分の方が偉い」とか
「自分の方が優れている」とか
勘違いしない方がいいと思います。

 

 


自分が優っているところを
授業や学校生活で伝え

子どもが優っているところは
教えてもらう。

 

まさにwin-winですね!

 

過信せず
誰からも学ぶ姿勢を。

子供を尊敬すること。
それが一番大切な接し方の基本だと思います。

 

 

f:id:yumezyuku:20171116211240j:plain