現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

自由を求めたこども達の戦い〜自由席替えから教わったことと、子供の成長〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

前回の記事では

「自由」と「自分勝手」の違いを説明しました。

 

www.nino2no.com

 

自由には「責任」が必ずついてきます。

その「責任」とは

この記事に詳しく書きましたが

 

www.nino2no.com

 

 

自由と責任の「責任」とは

手に入れた自由を守りきる責任のこと

だと私は思っています。

 

今回で言うと

「自分の自由」と「友達の自由」

がぶつかり合うわけです。

 

 

「私はこの席に座りたい」という自分の自由と

「私もこの席に座りたい」という友達の自由。

 

 

どちらか一つしか選べないとしたら

どうやってその両方の「自由」を責任持ってどう解決していくかが

大事な点です。

 

 

 

さて

 

 

自由とは何かを説明し

いざ、席替えタ〜〜〜〜〜イム!!

 

 

 

f:id:yumezyuku:20171122215151j:plain

 

 

 

 

最初は

 

 

順調に決まっていきました。

 

 

先生は一切口を出さない。

席替えの仕方のアドバイスも

話し合っている時も

 

 

それって結構苦痛です。

 

 

見ていると

「あの子、本当は目が良いのに、仲良い子の隣になりたいから『俺目が悪い』って嘘ついてるな!」

とか見えてしまう。

 

 

 

そこで本当は

「〇〇くん。本当は目が良いよね?本当にクラスをハッピーにする目的でそこの席を選んだ?」

f:id:yumezyuku:20171122215907j:plain

 

とか言いたいですよ。

 

 

でも

それを我慢します。

そこで先生が出てしまったら

子供は成長しません。

 

成長の機会を大人が奪ってはいけないと思います。

 

 

 

心ではムズムズ

しかし顔はニコニコして、子供たちを見守ります。

 

「君たちならできるから、大丈夫。」

と笑顔で任せます。

 

 

 

 

色々ありながら

リーダーみたいな子が数名出てきて

みんなをまとめていきます。

 

「まず自分の行きたいところに行って筆箱置いて〜」

「かぶったところ話し合いできる?」

「話し合い難しかったら教えてね〜入るから」

 

みたいな話をしているわけです。

 

 

 

すごいですよね!!

 

 

 

 

 

 

そして、

徐々に決まって行ったのですが

 

 

やはり、譲り合えないところがあった。

 

 

「私も目が悪いから」

「私も」

「他にもこんな理由があって・・・」

「私だって・・・」

 

 

という「私が正しい論」のキャッチボール

f:id:yumezyuku:20171122220932j:plain

 

 

 

 

そのまま

授業が終了

 

 

その日には席は決まりませんでした。

 

 

 

 

そしてその次の日に書いた黒板がこちら

f:id:yumezyuku:20171122221123j:plain

 

 

 

そして、子供にかけた言葉はこんな感じでした。

 

「自由席替えできるって聞いた時どう思った?

みんな『やった〜!自由にできる』って思ってたでしょ?

でもね、自分勝手と自由って違うんだよね。

その自由を手に入れるために

みんなが思いやりを持って、クラスをハッピーにしようって

頑張ったね。

先生はすごいと思うよ。

今日は、時間がなくて決まらなかったけど、多分今日のことを

次回生かして、成長すれば、絶対できる。」

 

 

 

 

 

実は

まだ素敵なドラマが待っているのです!!

 

 

自由を求めた

子供達の戦い最終章は

次回お伝えします!!!