現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

勉強は「道具」。使い方次第で幸せにも不幸にもなる


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

前回は

「点数が上がるのは勉強の副産物に過ぎない」

「勉強は道具である」

 

という勉強に対する

「勉強」=「点数を上げる」

というものとは違った視点をお伝えしました。

 

www.nino2no.com

 

 

では、勉強という道具

を何のために使えば良いのでしょうか?

 

今日は私の考え方と

ある方の考え方にとても共感したのでお伝えします。

 

 

 

まずは、私自身の考え方は

勉強という道具を使って「幸せ」になるなら

どんな使い方でもいいと思っています。

f:id:yumezyuku:20171130221650j:plain

 

 

 

 

例えば

「勉強を楽しむ」ということを突き詰めた結果

どんなことでも楽しめるようになりました。

今の仕事も、人生でも何でも楽しめることがわかりました。

結果2ヶ月で全国1位という副産物が付いてきましたが

f:id:yumezyuku:20171130215518j:plain

 

 

 

 

 

例えば

「勉強を頑張って人に教える」という使い方をすれば

人に優しくなったり

周りの問題を解決してあげる喜びを知ることができました。

f:id:yumezyuku:20171130215901j:plain

 

 

 

 

例えば「協力して問題を解く」ことで

仲間と協力することで、協調性を養う

人の意見を素直に聞く

という能力が身につきます。

f:id:yumezyuku:20171130220251j:plain

 

 

 

大切なのは

「勉強という道具の使い方をどうしようか」

と考えることです。

 

 

 

 

 

ここである方の

「勉強という道具」の使い方を紹介します。

 

 

その方とは

 

 

f:id:yumezyuku:20171130220812j:plain

 

 

林修先生です。

 

 

 

林修先生曰く

なぜ勉強するかというと

 

「解決力」「想像力」を養うためだ

と言っています。

 

 


活躍する社会人になるために絶対的に必要な能力として

 

 

何かの問題を解決する能力があるか

何か新しいものを創造できるか

 

 

の2つに尽きるという考えに至ったそうです。

 


例えば林先生でいうならば今、初耳学というテレビ番組では

 

”コンマ1%でも視聴率を取るというミッションを解決できるかどうか”

 

 

という立場におり

 

そのために

自分の時間と持っている能力を全て注ぎ込むという

解決と創造を繰り返しているそうです。

 

その一番のトレーニングが「勉強」である

と言っています。

 

 

 

 

ここまで読んで

「え?でも問題解決や創造なら、別に勉強じゃなくてもよくないか?」

 

 

と思った方もいると思います。

 

 

 

 

しかし

最適は勉強だと思います。

 

 

 

その理由は

歳を取っても続けられる

たった一人でも続けられる

いつでもどこでも始められる

 

ことが挙げられます。

 

 

 

 

スポーツなどは

年齢制限がかなりあります。

一人でできないものもあります。

道具がなければできないものもあります。

 

 

しかし

勉強は

この3つの要素を兼ねそろえた

素敵なものです。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。