現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

頑張っても結果が出なくて悩んでいるあなたへ


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この時期になると

 

たくさんご相談を受けることがあります。

 

 

それが

「受験の悩み」

f:id:yumezyuku:20171202213219j:plain

中学・高校では2学期末のテストがあり

その結果如何では

行きたい高校や行きたい大学を

変えざるおえない事態になります。

 

その判断基準がこの期末テストにかかってくると言われています。

 

 

 

なので

 

 

このテストで結果が悪いと

相当焦るわけです

 

f:id:yumezyuku:20171202213304j:plain

 

保護者も子供も。

 

 

この時期になると

子供も受験がちらつき

本気モードに入って勉強をするのです。

 

 

 

中には「このテストから本気になった」という

子も多いと思います。

 

 

 

なので

子供もお母さんも

 

「自分が(子どもが)あれだけ本気になって勉強したのだから前よりはいい結果になっていてほしい(なっているはずだ)」

という確信に似た期待を抱くのです。

f:id:yumezyuku:20171202213553p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの場合

現実はそう上手くは行きません。

f:id:yumezyuku:20171202213832j:plain

 

 

 

 

その理由は

その子が勉強をサボっていたわけではありません。

 

 

 

実は

勉強は

 

いや

 

やりたいことを頑張る時も

夢を叶えるために進む時も

 

全てそうなのですが

 

 

 

行動結果の間には

タイムラグ(時間差)が必ずあるのです。

 

f:id:yumezyuku:20171202214503j:plain

 

 

 

この現実の世界は

自分が行った結果は必ず「叶う」と思っています。

 

 

つまり

その子があるレベルを目指して

それに見合った努力を

それに見合った方法で行えば

 

必ずそのレベルに達することができます。

 

 

 

 

 

しかし、それが

自分の出したい時期までに間に合うかどうかは別問題です。

 

 

 

 

つまり

全ては

 

できる・できない

 

ではなく

 

間に合うか・間に合わないか

 

の問題であるのです。

f:id:yumezyuku:20171202215025j:plain

 

 

 

それじゃダメなんだ!

 

という声が聞こえてきそうですが

 

 

前回にも書きましたが

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

 

勉強はただの道具です。

 

 

間に合わなさそうだから

努力することをやめることもできるし

 

間に合うかどうか分からないけど

自分を磨くために努力するのかで

 

 

その後の人生は大きく変わると思います。

 

 

 

「あの時自分は目の前のことに全力を尽くせた」

と胸を貼って生きる人生か

 

「あの時自分は、ほんの数ヶ月も全力を出せなかった」

と生きるか

 

 

大きく大きく人生は変わると思いますよ。

 

 

 

大丈夫。必ず結果はついてきます。

 

間に合うことを信じ

間に合うように方法を考えながら

そして

目の前のことに全力を尽くすこと。

 

 

それが大切だと思います。

 

 

今、受験ややりたいことを頑張っている方に届くことを願っています。