現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

全力ってカッコ悪いですか?計算高く生きるより全力で生きることで得られるモノ。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

小学生の冬の定番イベント

それが

持久走大会

 

f:id:yumezyuku:20171206214738j:plain

 

 

運動神経がよい子どもにとっては

燃えるイベントであり

 

運動神経が良くない子どもにとっては

 

萎えるイベントですね

 

 

 

皆さんはどちらでしたか?

 

 

私は昔からそこそこ足が速かったので(なので今は体育の免許を持った小学校の先生です)

「今年は優勝を!!」と励んでいた記憶があります。

 

 

 

今回、黒板を書いた日は

その持久走大会の試走会(リハーサル)日でした。

f:id:yumezyuku:20171206222042j:plain

 

 

このリハーサルが曲者で

優勝を狙っていたり、上位を狙っている子にとっては

「試走会はゆっくり走ってみんなを油断させて・・・」

と思いを巡らせたり

 

「試走会だからみんなの様子を伺って・・・」

と話しあっている子がたくさんいます。

 

 

 

走るのが苦手な子にとってみたら

「走るの嫌だな〜。どうせリハーサルだから適当に走ろうかな」

と力を抜くことを決め込んだりしています。

 

 

 

 

しかし、私は

力を抜くことより全力でやってみることが大切だと思っています。

 

 

 

それは、自分を「成長」させる上で

もっとも大切なことがあるからです。

 

 

 

 

 

では、なぜ全力を出すことが大切なのでしょうか?

 

それは

自分の現在地を知る唯一の方法だからです。

 

 

 

例えば

あなたがやりたいことを見つけて

進みだそうとしたとします。

その時

多くの人が挫折してしまうのは

今の自分の現在地が分かっていないことが大きな原因です。

 

 

 

 

こんな例えを出しましょう。

 

 

 

あなたは、宝を目指して海を進む冒険家です。

f:id:yumezyuku:20171206220603p:plain

船出から数ヶ月。

周りには島はない。

そこに一個の樽がプカプカ流れてきました。

その中身を見て見ると

なんと宝の地図

f:id:yumezyuku:20171206220826j:plain

これで俺の長年の夢が叶う!!

意気揚々とコンパスを手に

舵を切った。

 

しかし

 

あなたは永遠に宝に到達することはできませんでした。

f:id:yumezyuku:20171206221307p:plain

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

 

 

それは

自分の現在地を知らなかったから

f:id:yumezyuku:20171206221510j:plain

です。

 

 

 

自分の現在地が分からなかったら

どんな夢だって

どんな目標だって

たどり着くことはできません。

 

 

 

その現在地を知る手がかりが

「全力を出しきる」ことです。

 

 

逆に言うと

全力を出しきらない限り

自分の現在地はわかりません。

 

 

全力を出しきると、どんな結果であれ

言い訳をすることができません。

「力抜いてたから負けた」

「できなかったのは弱気でやったから」

「今日は本気じゃなかった」

 

そんな言い訳ができないのです。

 

 

そうなると結果を受け入れるのに

勇気が必要なこともあります。

 

 

しかし

 

 

それを受け入れて初めて

自分の現在地がわかります。


 

そうすれば

あとは、夢の地図を広げて

コンパスを使って

 

夢の場所へ進むだけです。

 

 

全力でいきましょう!

周りから

「なに本気になってんの」って言われたって

「全力ってダサい」って言われたって

「もっと手加減してやれよ」って言われたって

「大人気ない」って言われたって

 

 

全力を出すことは大切です。