現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

やりたいことをカタチにする方法〜原動力を知ろう〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

一昨年、私のクラスに
小説家になりたいと言っていた子がいました。

f:id:yumezyuku:20171207225203j:plain


その子は実際に友達と小説をつくり
クラスの本棚に並べていました。 

 

 

その子が書いてくれた本がこちら

www.nino2no.com

 


その時その子がぽつりとこう言いました。
「本当になれたらいいな。」

 

 


そんな目の前の子に
「やろうと思えば夢はかなうぞ!」
という姿を見せる為に


自分で短編小説を作ったことがありました。

 


昨年度は
その作った小説をクラスの本棚に置いていました。

 


短編小説と言っても一万字以上あるので
読むには時間がかかりますが
沢山の子が読んでくれました。


今年もらった手紙の中でも
「今でもあの小説を読んでいます」
という子もいて、嬉しく思います。

 


そして
それを、知り合いの新聞社のボスに見せたところ


その新聞に

短編小説として6回に分けて掲載していただきました。 

www.nino2no.com

 

 
それから、学校が変わり
小説を書く欲がなくなっていたこの頃。

 


そんな中、今日その新聞社の
ボスからこんなメッセージをいただきました。

f:id:yumezyuku:20171207225720j:plain

 

 

 


待ってくれてる人がいる。
これほど心に火が灯るものはありません。

 


最近は成績処理、レポート、論文、土日講演の準備等々慌ただしくさせていただいていますが


そこは
私が得意とする
「やりたいことをカタチにする」
という方法を使って

 


やりたいと思います。

 


今日は少しその
やりたいことを形にするための方法を一つ紹介します。


それは、「自分の原動力を知る」です。
人にはそれぞれ、キーとなる原動力があります。

 

f:id:yumezyuku:20171207230721j:plain

 


ある人は「人に喜ばれること」
ある人は「自分がしていて本当に楽しいこと」
ある人は「自己成長」
ある人は「危機感」
ある人は「怒り」
ある人は「喜び」
ある人は「憧れ」
ある人は「劣等感」

 


それにいい悪いはなく
今の自分の原動力であるだけです。

 


人のために尽くせる人がいいことではなく
自分を喜ばせることが悪いわけではなく

 


ただただ、自分の原動力というだけです。

 


その原動力を使って


自分を成長させたり
幸せにしていくと
必ず周りも幸せになります。

 


その原動力を使って


周りのために尽くすと
周りが幸せになり
自分も成長していきます。

 

 

きっかけは

それぞれ違っていい。

そのきっかけの波に乗って

人や自分を幸せにすること。

 

それが大切だと思います。

 

 

と言うことで

いろんなことをやりながら

第二弾執筆開始です!!

 

 

 

 

※満席になってしまったため、スタッフの方に増席していただきました※

やりたいことをカタチにする勉強会

一緒にやりたいことをカタチにできる素敵な大人になりませんか?

【残り3席】12月16日 中島悟×二宮司特別講座~やりたいことを習慣化させ形にする話~