現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

受験が不安な人に教えたい考え方。受験は戦争ではない。仲間づくりと応援合戦だ!


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

受験とき聞くと
きっと受験戦争という言葉をイメージする方が多いと思います。

f:id:yumezyuku:20171213221644j:plain

 

 


志望校に向かってしのぎを削り
同じく志望校を受ける相手より
1点でも多く点を取り
少しでも面接で良い印象を与える

 

 

そのために勉強し
そのために練習する。

 

 

 


そんなイメージありませんか?

 

 

 

 

ってことはですよ?
みなさん。

 

 

 

そうやって戦った敵同士
将来同じクラスになるわけですよね?

f:id:yumezyuku:20171213221914j:plain

 


それってなんか
嫌じゃないですか?

 

 

 

「あいつよりも良い点を取ってやる」

と蹴落とそうとした相手と同じクラスになって

 

 

「こいつよりはよい印象を面接官に与えてやる」

と思った相手と人生を共にする。

 

 

 

 

それはたとえ合格したとしても
とても嫌なイメージですよね。

 

 

 

私は「受験」とは
仲間づくりの場であり
応援合戦だと思っています。

 

同じく志望校に向かっている人は蹴落とすべき敵ではなく
将来を共にするかもしれない仲間です。

f:id:yumezyuku:20171213222054j:plain

 

 

 

そもそも

同じ受験校を選んだということは

だいたい同じ学力で

だいたい同じような勉強の悩みを持っています

 

 

同じ大学をならば

同じようなやりたいことや夢を持っています。

 

 

 

そして

全員同じ「志望校合格」という夢を追いかけています。

 

 

 

つまり

仲良くなる共通点だらけのメンバーです。

 

f:id:yumezyuku:20171213222426j:plain

 

 

 

これは

受験に対する考え方

です。

 

 

自分の考え方を変えると

周りを敵にすることもできるし

周りを仲間にすることもできます。

 

 

あなたは

周りが敵だらけの状況

周りが味方だらけの状況

 

どちらが力が出ますか?

 

 

受験に焦ったら考え方を変えてみてください。

 

 

周りの人は

一緒に志望校を目指す仲間だ!

 

今回、私の学校が持久走大会があったので

それと同じようなことを書きました。

 

f:id:yumezyuku:20171213223323j:plain