現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

子どもが自分で育つ環境を作る。合言葉は「尊敬」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

私は、自分のクラスは世界で1番ハッピーだと思っています。

 

 

こんなことを言うとまたネットで叩かれそうですが笑
本当に心からそう思います。

 

 


しかし
それは、わたしの力量ではありません。

 

 


子どもが子ども同士で
ステキな学級にしてくれるのです。

 

 


それを私は1番近くでその成長を見させてもらっているので
とても嬉しく思っています。

 

 

授業力も指導力もまだまだ乏しい私が

他の先生よりも長けていると自信があることがあります。

 

 

 

それは
子どもの良いところを見つける目

子どもを尊敬する心
です。

f:id:yumezyuku:20171219212255p:plain


子どもの良いところを見つけ
それを褒める
のではなく


子どもの良いところを見つけ
それを尊敬する


偽りの言葉では、子どもは敏感なのですぐに感じ取ります。
子どもを変えようと
「すごいなー!尊敬するよ」なんて言葉を並べても無意味です。

 

 

 


本当に心からの
「すごいな!!」が1番響く。


尊敬って
子どもを下に見ていると絶対できません。
「自分が子どもを育てているんだる」という思いがあると
どうしても上下意識が生まれてしまいます。

 

 

 

それよりも
対等な関係

f:id:yumezyuku:20171219212434p:plain


教師側がもっていて子どもが持っていないもの(知識とか、ものの考え方とか、経験とか)は、子どもにシェアするし

 

 

逆に

 


子どもがもっていて教師がもっていないもの、忘れてしまっていること(くだらないと思うことに全力になるとか、素直さとか、笑顔とか)は、子どもにシェアしてもらう。

 

 

 

そんな関係を築けたらいいなと思っています。

f:id:yumezyuku:20171219212933j:plain

 


どうしても大人と子どもでは
力の差があるし、知識の差があるし、経験の差があるので

思うように子どもを動かせてしまいます。

 

 


しかし、
子どもに尊敬してもらいたい
と思うなら

まずは自分が子どもを尊敬する。


この方法以外に無いと思います。

 

 

 

子どもに教えず
子ども同士で成長していける環境には
必ず「尊敬」というキーワードが眠っています。

 

 


先生が生徒を尊敬し
生徒が先生を尊敬し
生徒が生徒を尊敬する。


その環境が整い始めると
子どもたちが自ら成長していきます。

 

 


なぜって?

先生は一人ではなく
自分以外の人、全員になるからです。

 

 

 

 

 

www.satoru33.me

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com