現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

通知表をもらった時の親の反応で、普段の子育てがわかる


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

毎年、通知表を渡す時

決まって子供達に言う言葉があります。

それが

 

「通知表で、君たちの人生が決まるわけじゃない!」

 

 

「こんな紙切れ一枚で、君たちのいいところなんて全然伝わらないよ!」

 

「これは、先生のたった一人の評価であって、大切なのは、自分自身がこれまでどれだけ頑張れたかを、自分自身で認めてあげることだよ」

 

そう言っています。

 

これまでの「通知表に関するブログはこちら」

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

今年もこんな黒板を書きました。

f:id:yumezyuku:20171230201832j:plain

 

 

子供達も

親御さんも

少し勘違いしているのです。

 

 

「この通知表が、その学期の判断の全て」

だと勘違いしています。

 

 

だから、通知表だけの結果を見て

 

 

「そろそろ塾へ通わせなきゃいけないかな・・・」

「冬休みは勉強させなきゃ」

「3学期はもっとしっかりさせなきゃ」

 

なんて思ってしまうのです。

 

 

 

 

ここで、

「通知表を子供が見せてきた時の親の反応を見ると、普段の子育てをどうしているか」

が結構わかってしまうと言う恐ろしい事実があります。

 

 

 

 

 

もし通知表みて

よくも悪くも必要以上に反応してしまう人

 

例えば、

良い結果だった場合、必要以上にご褒美をあげたり、褒めたりする

悪い結果だった場合、いきなり塾を探し始めたり、子供にダメ出しをしたり、課題を与えたりする

 

 

 

は要注意です。

そのような方は、

「普段の子供の頑張りをみていない」可能性があります。

 

 

 

逆に

普段の子供をしっかりみている人は

良い結果でも「うん。最近頑張っていたしね。素晴らしいと思うよ」で終わり。

悪い結果でも「うん。そうだね。どうしたらいいか考えよっか」で終わり。

 

 

まぁ、本当に子供の成績に関心がない方もそうなるので注意が必要ですが

 

 

 

そのような傾向がある

ということを覚えておくのも良いかもしれません。

 

 

 

最後に

通知表は、確かにその子の客観的評価にはなりますが

その通知表が全てではありません。

 

そこに過剰に反応するのではなく

普段から、子供の様子をみていただき

良いところは認め、

よくないところは一緒に改善していくようにすると

良いと思います。