現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

まずは決める。そこから理想の1日が決まる。寝る前に翌日の理想の1日を想像する。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

ようやく新学期が始まりました!!

 

ゲームの主人公がいないゲームがつまらないのと同じで

f:id:yumezyuku:20180109211801j:plain

 

 

学校の主人公である子どもがいない学校は本当につまらない。

f:id:yumezyuku:20180109212002j:plain

 

 

 

 

そんな一発目のハッピー黒板はこちら

f:id:yumezyuku:20180109212109j:plain

 

 

元旦に全員の家に届いた年賀状の

謎の一文字の意味が発表されたわけです。

www.nino2no.com

 

 

 

 

そして、昨日はこのブログで

新学期にクラス経営をする上で気をつけていること

について書きましたが

 

www.nino2no.com

 

 

 

今日は、「理想の1日を過ごすために心がけていること」をお伝えします。

 

 

 

みなさんは

仕事に向かうとき、どんな気持ちで向かいますか?

学校や部活に向かうとき、どんな気持ちで向かいますか?

 

 

「は〜。仕事か〜。メンドクセ〜」

「今日も嫌な部活が始めるのか。嫌だな。」

「学校か〜最悪〜もっと冬休みがいいのに」

 

 

そんな風に考えながら

重い足取りで学校に向かっていませんか?

f:id:yumezyuku:20180109213117j:plain

 

 

 

確かに

嫌な上司がいる

頑張っても給料が上がらない

めんどくさい同僚がいる

学校でいじめられている

授業でわからないことだらけ

宿題やっていない

 

そんな環境の中であれば、ブルーな気分になるのもわかります。

 

 

 

では

 

 

 

誰かが環境を変えてくれるのを待っていますか?

 

環境が変わるまで待ちますか?

 

 

それが正解の時もあります。

例えばいじめ。

いじめがひどい場合の一番の対処法は、立ち向かうよりも

「避難する」です。

 

そうやって避難することは逃げることではありません。

 

 

 

 

 

 

しかし、そこまで深刻でない場合

「嫌だな〜」「面倒だな」と言いながら

会社や学校に嫌々行っている場合。

 

 

もう一度聞きますね

 

 

 

誰かが環境を変えてくれるのを待っていますか?

 

環境が変わるまで待ちますか?

 

 

 

 

どうせなら

自分で変えられる人になりたいなと私は思います。

 

 

 

 

 

しかしいきなり

「会社を辞めて好きなことをやろう」

「部活をやめて好きなことをしろ!」

「嫌なことは全てやめろ!」

「好きなことをして生きていこう!」

 

と言っているわけではありません。

 

 

 

今の生活を少しでも理想の生活に近づけるようにしよう

 

と言うことです。

 

 

 

その第一歩が

私がやっていること。

 

それは

翌日の1日の理想の1日を想像する。

f:id:yumezyuku:20180109215710j:plain

 

 

 

これは寝る前によく行うことです。

次の日の、生活リズムの中で

理想の1日を想像すること。

 

例えば

・明日の朝は30分前に起きて、コーヒーを淹れて読書をしてから仕事に行こう

・今日は子供達が宿題を忘れても笑顔で対応できる自分でいよう

・19時までには帰宅して、読書の続きやお菓子を食べよう

・仕事の合間に同僚の良いところを10個は見つけよう

・ありがとうを10個見つけてみよう

 

 

など

自分ができること

の中で理想の行動を想像しながら、眠ります。

できれば朝一の理想の行動の準備をしておくとばっちりです!

 

 

すると、次の日の朝が楽しくなります!!

 

ぜひお試しください。