現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【自己肯定感、自己有用感】クラスに居場所を作る。子どもに伝えたい思い。誰が欠けてもいけない大切な存在。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ


この日の前日
ようやくクラスが全員揃いました。


というのも、ある事情で
長い間学校に来ていない(不登校や病気ではないです)子が


久しぶりに学校へ来ました。

 

クラスのみんなは大盛り上がり!!

 

 


前々からこの日に来るということで
サプライズを企画し
レクを企画し

楽しみにしていました。

 

そして書いた黒板がこちら。

f:id:yumezyuku:20180207224352j:image

 

 

 

私は
このクラスの子誰が欠けても
幸せなクラスを作ることはできないと思っています。

 

 


個々を見れば
宿題をよく忘れる
発言できない
ヤンチャ

 

 


色々います。

 

ただ
その要素も全て合わせて
このクラスを作っている。

 

 

 

忘れ物をすることは
よくはないかもしれないけれど
それで周りの子が

 

 


「貸してあげるよ」
という優しさが育ったり

 

 

「自分は気をつけよう」
という自立が育ったり。

 


例えるなら

パズルです。

f:id:yumezyuku:20180207224550j:image

 

 

 

パズルのピースは
それぞれ同じ形は一つもありません。

 

 

 

 

f:id:yumezyuku:20180207230815p:plain

それが良くて
それじゃなきゃダメで。

 

 


それがそのまま適切な場所に
カチッとハマるから

ステキな絵が完成する。

 

それと同じなんだと思います。

 

 

 

凹んでるところも
凸(突き出ている)ところも


どちらもあっていい。

 


それを無理に
突き出させたり
凹ませたりすると

パズルは完成しません。

 

まず大切なのは


みんなそれぞれ凸凹があると理解すること。
自分の凸凹を認めること。
みんなの凹凸を認めて
自分の凹凸で補い合おうとすること。

 

それが何より大切だと思います。

 

 


そのために伝えているのが
「君たちは、誰が欠けてもいけない大切な存在なんだよ」 

ということです。

f:id:yumezyuku:20180207224352j:image

 

自分の凹凸を認め
相手の凹凸を認めると

それぞれがカチッとハマっていきます。

すると、絵が完成していく。

 


そんな土台ができて初めて

 


「じゃあみんなでどんな絵を作っていこうか?」
と考えられるのだと思います。

 

f:id:yumezyuku:20180207230850j:plain