現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

【行動科学から読み解く】子供が勉強をしないでゲームをする理由。子供が勉強しないのは「やる気」「本気」「モチベーション」のせいではかった


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

子供が全然勉強をしない。
子供がゲームばかりしている。
受験生なのに全くやる気になりません。

f:id:yumezyuku:20180212092314j:plain

 


そんな悩みを抱えているお母さんは多いと思います。

 

 


LINE@からも
そのような質問がよく送られてきます。

 

 

 

 

その中で私が伝えるのは
「それは、”お子さんのやる気がないから”という理由ではないんですよ」
ということです。

 

 

 

 

習慣化や目標達成が得意な私は
「やる気」や「モチベーション」をあまり過信していません。

 

 

 

 


なぜかというと
そのやる気は「一過性」だからです。

 

f:id:yumezyuku:20180212090625p:plain

 


もちろん、物事を始める時には爆発的なパワーが必要なので
やる気をアップさせることが大切なのですが

 

勉強や仕事、目標達成に至っては
その後の「続ける」ことが最も重要なのです。

 

 

 

 

では、「やる気」が問題ではないとしたら
何が子供を勉強へ向かわせないのでしょうか?

 

 

 


それは、子供の大好きな「ゲーム」を紐解いていくと

 

勉強へ向かわない「原因」が見えてきます。

 

さらに

 

どうしたら勉強をするようになるのかという

「対策」がわかります。

 

 

 

 

 

 

人間が行動することには「原理」がある

 

 

実は、人間は、ある条件が揃うと行動し

その行動を続けることがわかっています。

 

 

 


それを論理的に説明したものが
「ABCモデル」という概念があります。

 

f:id:yumezyuku:20180212090940p:plain


簡単に説明すると

 

A(先行条件)行動直前の環境

B(行動)行動・発言・振る舞い

C(結果)行動直後に起きた環境の変化

 

という流れで行動が起きます。

 

 


詳しく説明すると

 


「先行条件」とは人が行動をとる直前の環境や
行動のきっかけとなる目的、ゴール、締め切りなどのことです。

 

 


この ABCには、明確な因果関係があり
矢印の通り


B「行動」A「先行条件」に影響され
C「結果」B「行動」に影響され
A「先行条件」C「結果」に影響されます。

 

 

f:id:yumezyuku:20180212090931p:plain

 

 

 

 

つまり、
目的(A)のために行動(B)をした時
望ましい結果(C)が得られれば

 

その行動(B)を続けようとしたり
さらに高い目的(A)を考え行動します。

 

 

 

 

 


少し難しくなってきましたね笑


これをゲームに当てはめると

 

ゲームがいかに子供を惹きつけるのかがわかります。

 

分かりやすくドラクエで話をします。

 

f:id:yumezyuku:20180212091254j:plain

 

 

 

 


ゲームの場合

A自然と先行条件が発生することが多いです。
(草むらを歩いていたら敵が飛び出す)

f:id:yumezyuku:20180212091405j:plain



Bそれに対して行動をとる
(相手を倒そうと攻撃をする)

f:id:yumezyuku:20180212091501p:plain



Cその結果をすぐに受け取る
(倒した場合経験値ゲット、お金ゲット)

f:id:yumezyuku:20180212091619j:plain

 

 

 


すると、

その結果が望ましいと

またゲームを続けることになります。

 

 

 


上の例は戦いに勝った場合ですが
ゲームの素晴らしいところは
負けてもこのABCモデルがいつまでもぐるぐる回ることです笑
ゲーム会社の人はすごいですよね!!


負ける場合

(草むらを歩いていたら敵が飛び出す)

それに対して行動をとる
(相手を倒そうと攻撃をする)

その結果を受け取る
(負けると悔しい、レベルを上げたい)

・・・これが次の先行条件Aとなり
次は自ら草むらを彷徨うようになる。

 

 

 

 

 

 

ゲーム恐るべし・・・・

 

f:id:yumezyuku:20180212091943p:plain

 

 

ということは
このABCモデルを使えば
子供が

「ゲームを楽しむかのように勉強を楽しむ仕組みができる」
ということです。

 

 

 

次回は
勉強はABCモデルの
どれが欠けているのか。対策は何かを書きたいと思います。
続きが木になる方は
ぜひブックマークしておいてください。