現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

「何度言ってもこどもが勉強をしない」お母さん。それ当たり前ですよ。行動科学マネジメントから見た子供をやる気にさせる方法


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

LINE@の悩み相談コーナーから
今日はお母さんのお悩みを少しチョイスしてお話をします。

 

 

 


「子供が勉強しない」
「子供がいつも宿題を忘れる」
「子供がいつも朝起きてこない」

そんな悩みはどのお母さんにも多少はあるのではないでしょうか。

 


その時
決まってしてしまうのは
「なんで勉強しないの!勉強しなさい!」
「いつも言ってるでしょ!宿題はきちんとやりなさい」
「夜遅くまで起きてるからでしょ!早く起きなさい!」


なんて声をかけてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

f:id:yumezyuku:20180215203650p:plain

 

 


それ


はっきり言って

 


無駄な努力です。

 


まお母さんのイライラを怒ることで解消する
という側面があるのであれば

 

 

 


無駄ではないかもしれませんが

 

 

 

 

「子供に理想の行動を取らせる」
という側面においては


無駄

というより

逆効果


です。

 

 

 

 


よく考えて見てください。

 

 

今から言うことをあなたは
すぐに行動に移せますか?

 

 

 

 

 

 

 

「さぁ!今からお腹の底から笑いなさい!!」

 

f:id:yumezyuku:20180215203943p:plain

 

 

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 


笑えます?

苦笑いで「ハハハ」くらいはできるでしょうが
”お腹の底から”笑うって
できないでしょ?

 

 

 


子供にはそれをさせようとしているのです。


「いつも言っているでしょ!笑いなさい!さぁ!」
「なんでできないの!周りの子は笑っているわよ!」
「お腹の底から笑えない子なんて将来ダメになるわよ!」

 

 

 

 

勉強や宿題を「笑う」という行動に変えたら
どれだけおかしなことをやっているか
気づいていただけると思います。

 

 

じゃあどうしたらいいのか。

 

 

 


これも「笑う」行為を例にとると
解決策が見えてきます。

 

 

 

 


子供を笑わせたかったら

「面白いテレビをつける」
「面白い顔をしてみる」
「面白い本を渡す」
「お笑いライブに連れていく」

f:id:yumezyuku:20180215204326j:plain

 

などをすれば笑いますよね。 


人を行動させたかったら
「行動したくなるような環境を設定する」
ということです。

 

 

 

 

子供の場合は
身近な大人が手本として揃えてあげて
徐々に自分で設定できるようにするのが理想だと私は思います。

 

 

 


大人であるなら
「自分自身で自然と行動したくなる環境を作る」
ことが可能です。

 


そこで今回の黒板です。

 

 

 


もうすぐ私の学校では「長縄大会」があります。

 

 

 

私の目的は
「最高の思い出を作ること」

f:id:yumezyuku:20180215214756j:plain


そのために

A、子供達が優勝するために一致団結することが必要

なのか

 

 

B、子供達が練習から相手を認め合い、できない子もできる子も良い雰囲気で長縄を楽しむ

 

のか


それを子供達自身で「決断」させます。

 

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

 

 

どちらになっても
最高な思い出になることには変わりないのですが

大切なのは
「子供達自身が決断する」という環境を設定することです。

 

 

 

 

「自分で決める」
それも一つの環境設定なのです。