現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

手段ではなく目的を意識する。結果ではなく目的を達成できたかを意識する。本当の意味で充実した毎日を送るために必要な考え方。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この日は、私たちの学校で
長縄大会が行われる日でした。

f:id:yumezyuku:20180222224823j:plain

 

 

この日のために
子どもたちは、先生抜きでの話し合いを行い

自主練を行い、かなり実力も付いて来ました。

 

 

 

www.nino2no.com

 

www.nino2no.com

 

 

 

 


ここまでくると子どもたちは

「勝ちたい!」「優勝だ」

という意気込みがとても感じられます。

 

 

 


やっぱり、
「練習して来た分だけ
結果になってほしい。」


と願うのは当然のことだと思います。

 

f:id:yumezyuku:20180222225035j:plain

 

 

 

しかし


この日の黒板では


敢えてここを強調して書きました。
それは

「本当の目的」

 

f:id:yumezyuku:20180222225232j:plain

 

 

この子たちが
なにを目的に長縄を本気でやろうと言いだしたかというと

 

 

 


「優勝したい」
ではなく

「クラスの仲を深め、最高の思い出をつくること」
でした。

 

 

 

 


そのための手段として
「長縄大会」があります。

 

 

なので「優勝」というものは
求めるものではなく、
ただ付随する結果である。


というのを伝えたかったのです。

 

 

 

 

 

 


ここを勘違いしてしまうと大変なことが起きます。

 

 

 


「クラスの仲を深めるために」
という目的で始めた長縄が

 

 

「勝つ」という目的にいつのまにかすり替わり

 


友達を罵倒したり、非難したりしてしまう。
負けると「やる意味がなかった」と感じてしまう。

 

 


そんな風になりかねないのです。

 

 

 

 

これは
部活でも
勉強でも
仕事でも
全て同じだと思っています。

 

 

 

「結果」
それはときにはとても大切な要素だとは思いますが

 

 

 


それよりも
自分や、仲間と設定した
「目的」
を常に意識して
結果がどうあれ、それを達成するために行動する方が

充実した日々を送ることができると思います。

 

 

 

 


結果はまた次回の記事にてお伝えします!