現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

コーチング✖️チームマネジメント。長縄大会での話し合いから見える最高のチームのつくりかた。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

前回は
目的を意識するという話をしました。
長縄大会当日の黒板はこちら。

 

 

www.nino2no.com

 


今回は
その結果も踏まえてお伝えします。

 

 

 

長縄大会本番当日
子どもたちの中で少しトラブルがありました。

 

 

 

1時間目
少し予定を変更して最後の長縄大会練習を行いました。

 


そうしたら

全然跳べなくなっていました。


いつもは長縄8の字跳びで
300回行くか行かないかの記録ですが

 

 


この時間は
200回ちょっと。

 

 


チームの雰囲気がどんどん悪くなります。

 

 

 

そして

 


イライラのダムが決壊したかのように
こんな言葉が飛び交いました。

 


「そんなキツイ言葉で言わなきゃいいじゃん!」


「は?前詰めてって言っただけだし!」


「その言い方だと傷つく子が出るんだって!!」


「その前に詰めれば跳べるでしょ!」

 

 

 

 

そして


チームの雰囲気が最悪へ

 


ついに私のところへ
数人がやってきてこう言いました。
「先生!男子たちが強く言ってきて女子が跳べない!」

 f:id:yumezyuku:20180225083114j:image

 

 


うん。
〇〇ちゃんの言葉もかなり強いよ笑

と思いましたが笑

 


ということで
時間のない中そのチームは
話し合いをすることに。

 

 

 

このままでは
感情に任せて相手を攻撃するための発言や
自分のイライラを解消するために、相手にあたってしまう発言しか出てこないので

こんな問いかけをしました。

 

 


「みんなの今の目的はなに?」


口々に
「みんなの仲を深めて、思い出をつくる」

 と言います。頭では分かってるんですね。

f:id:yumezyuku:20180225083303j:image

 

 

 

 

 

「じゃあさ、今からの話し合い、どんな風な話し方で、どんな話し合いをしたらそれが達成できそう?」

 

 

 


「実は、今回起きたトラブルは山登りと一緒だよ。」

 

そこでこんな例え話をしました。


例えば富士山に登ろうってみんな決めたよね。
みんな頂上へ登ろう!って。

f:id:yumezyuku:20180225083540j:image

 


でもね、登るためのルートって
一つじゃないんだ。

沢山のルートがある。

f:id:yumezyuku:20180225083709j:image

 


急斜面だけど一番早く行けるルートもあれば
なだらかだけど遠くなるルートもあれば
その真ん中くらいのもある。

 

 

今の君たちの言い合いをみてると

同じ山頂を目指しているのに
「そっちのルートでいくのはダメだ!」
「そっちのルートはおかしい!」
って言い合ってるようなもんだよ。


それで、結局山頂に着けないって

なんだかバカバカしいよね笑

 

色んな方法があるのを認めた上で

じゃあどうやって登る?
って考えると、本当に思い出に残るしチームワークは良くなるんじゃない?

 


そこで再度話し合い。

 

 


結果、あまり時間がなくて
練習できずに終わりました。

 


しかし


子どもの心には残っていたようです。

 

 

そして、本番。

 

 

そのチームは

 

 

 

 


なんと

 

 

 

 

 


過去最高記録の
308回を跳びました。

 

 

「頑張れ!行ける行ける!」
「ドンマイ!ドンマイ!落ち着こう」

 

 

そうやって声を掛け合い
励まし合い

 


話し合いをしなくとも

乗り越えました。

 

 

結果は
残念ながら2位。

 

 

しかし終わった後
子供達は
「一位になりたかったけど、なんかめっちゃ楽しかった」と言っていました。

 


そして

 

子どもが「私たち、仲の良さは優勝じゃない?ねぇ先生?このクラスだけの賞状作ろうよ!」


ということで

 

つくりました!

 f:id:yumezyuku:20180225084102j:image


今回はくじ引きを引いて
誰かが誰かの賞状を書く。
その子にメッセージを添えて。

 

ステキな賞状が出来上がり
交換会をして

 

 


最高の思い出をつくることができました。