現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

依存を作らないこと。いい先生とはどんな先生?「また来年も一緒がいい」の一歩先へ。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

この時期になると
子供達からたくさん言ってもらえる言葉があります。

 


「来年もニノ先生だったらいいのに」
「来年も先生担任してよ」

 

もちろん全員にそう思われているわけじゃないのは知っています。

 

 

 


でも、嬉しいですよね
純粋に。

 

 

 

しかし

 

 

 


そこで終わってしまうと
そこには「依存」が残ってしまいます。

 

f:id:yumezyuku:20180226215612j:plain

 

 

担任を持ち始めた最初の年


言われた言葉は
「来年も先生がいい」

 

 

 

そんなときに書いたブログはこちら 

www.nino2no.com

 


そこから意識をし始めて

 

 

最近言われる言葉は
「来年もこのクラスがいい」


少し自分自身の子どもへの関わり方が変わった証拠だと受け取っています。

 

 

 

 


本当の教師の目標は
1年間という
短くて、濃い時間の中で

 

 

自分や仲間の大切さと可能性に気付き、
自分自身で幸せを作っていけるように
心の成長をサポートすること


だと思います。


うまく言葉にすると長くなってしまいました。

 

 

 

 

しかし、ほんとうに気を付けないと
「依存」
がここに生まれてしまいます。

 

 


あのクラスがよかった
あの先生がよかった
あの頃がよかった

 


それでは
子どもを幸せにすることができません。

 

 

 

巣立ちの準備です。

f:id:yumezyuku:20180226220358j:plain

 


自分の力で大空を飛べるように。
自分を高め、自分の人生を生きられるように。

 

 

 


こちらも準備を進めていこうと思います。

f:id:yumezyuku:20180226220636j:plain