現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【トラブルを解決する1番の方法】自分も相手も幸せにするという考え方


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この日
クラスで少しトラブルがありました。

 

 

 

些細なことから喧嘩に発展

f:id:yumezyuku:20180308203057j:plain

 

 

小学生はたまにはあることなのですが


それがきっかけとなって
いい学びの場とできればと思いました。

 

f:id:yumezyuku:20180308205524j:plain

 

トラブルが起きた時
先生がよくやってしまうことは

 

 

喧嘩が起きる

当事者の話を聞く

原因を探る

事実確認をする

どちらが悪いなどを判断する

それを子どもに確認する

謝るように促す

謝らせる

解決

 

 


というような手順を大体踏みます。

 

特にやってしまうのは

 

 

はやく解決しようとして
無理に謝らせたがってしまうことです。


するとこんなことが起こります

 

 


〇〇君が先に手を出しちゃったんだね。
じゃあ先になんて言うのかな?


「ごめんね!!!!!!!」


〇〇くんがごめんねって言ってるよ。
どう?△△君


「いいよ!!!!!!!!」


はい。次から気をつけようね。

 

 

 

 

 

これ
意味あります??

 

 


形だけは解決していますが


「ごめんね!!!!」
「いいよ!!」

 

の子供の声は怒りに満ちているのです。

 

子どもの気持ちは全然解決していません。

 

 

 


それで解決しているようにするから

 

同じトラブル
同じ子ども同士のやり合い

が起こるのだと思います。

 

 

 

 

でも

私も先生なのでわかります。

 

 

 


時間がありません。

 

 


教室には残り30名以上の子どもが待っています。

そのことも気にかかり
はやく問題を解決しようとしてしまう気持ちもすごく分かります。

 

 

私も同じです。

 

 

 

しかし、もし他の先生に入っていただけるのなら、時間が取れるのなら

 


まずは子どもが話をできる環境から
つくってあげるべきだと思います。

 

 

 


これは大人同士のトラブルでも同じです。

まずイライラしながら話をしても

 

 


自分のイライラを目の前の人にぶつけることで

解消するという選択肢しか見えなくなってしまいます。

 

 

 

なので最良の方法は

 

 


①落ち着くこと

f:id:yumezyuku:20180308204002j:plain

 

が何より大切です。


ここを飛ばすと、この次は考えられなくなるので、絶対です。


子どもも、はやく解決しようとするのではなく落ち着いて話せるまでゆっくり待つことが大切です。

 

 

 


②事実確認
ここは、たしかに大切です。
しかし、子どもも私たちも事実と思っていたことが勘違いということがあります。

冷静になっていれば気付けるでしょう。


③相手のその時の気持ちを考える

 

ここがとても重要だと思います。
事実としてトラブルになったのは確かなのですが

 

 

 

なぜ相手は私にそのようなことを言ったのか。
なぜ相手は私にそのようなことをしたのか。

それを相手になったつもりで考えることです。

 

まさに「君の名は」的に

相手と入れ替わったつもりで考えてみるのです。

 

f:id:yumezyuku:20180308204317j:plain

 

 

 


心理学やコーチングでは
「エンプティ チェアー」という方法を使うことがあります。
それはまたいつか書きたいと思います。

f:id:yumezyuku:20180308204156j:plain

 

 

 

 

④これからのことを考える

 


これも、自分と相手になりきって考える必要があります。

 

 

もしここで(冷静になってから)
これからの二人の関係は
別に無くなっても良いと考えるなら
それでも良いと思います。

それに対して書いた記事はこちら。

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 


しかし、冷静に考えて
この相手とはこれからも仲良くしていたい
関係を続けるべきだと判断するなら

 

 


どう行動をすべきなのか

という未来を考えさせることが大切だと思います。

 


原因追求も大切かもしれませんが
それよりも
この先をどうしていきたいかを考える方が
とても大切だと思います。

 

 

 

その時の一番いい方法は


「もし自分が相手だったらどうしてほしい?」

 

と考えそれを行動に移すことです。