現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

その行動で本当に思いは伝わるか?人は勘違いする生き物。そこに適切な行動があれば「思いは伝わる」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

最近、「行動」についての記事をよく書きますが

www.nino2no.com  

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

 


今日はもう少し踏み込んだ
「適切な行動」
について書きたいと思います。

 

f:id:yumezyuku:20180311080457j:plain


子供たちと接していると
「それじゃ思いは伝わらないよ〜〜」
という場面によく遭遇します。

 

 

 

 

簡単な例で言うと
みなさんにも経験があると思いますが

 

 

 

 

「好きな子に対してちょっかいを出す」
という行動。
覚えありませんか?

f:id:yumezyuku:20180311080102j:plain

 

 

 

お互い好き同士
付き合っている

そのような状況であるなら話は違いますが

 

 

 


多くの場合は
「先生〜〜〜!〇〇君がイジワルしてくる」
と逆効果になってしまいます。

 

 

 


振り向いて欲しくて
自分の存在に気づいて欲しくて
自分を見て欲しくて
ちょっかいをかけるけれど

それが逆効果になってしまうことってあるんですよね。

 

 

 


これは友達同士だけではありません。
親子関係、教師生徒関係でもよく起こります。

 

 

 

例えば「子供を怒る」なんてまさにその典型ではないでしょうか?


勉強をしない子供
宿題をやてこない子供に
「ダメじゃないか!」
「やりなさい!!!」
「怒るわよ!!(※すでに怒っている)」
と怒鳴っても

 

f:id:yumezyuku:20180220221838j:plain

 

 

 


あなたの愛情や
あなたの思いは伝わりません。

 


何が伝わるかというと
「お母さんに嫌われた」
「先生に怒られた」
という負のイメージです。

 

 

 


逆に
子供も勘違いしていることがあります。
どれだけ怒っても
状態が改善しない場合

 

 

 

 

「怒られる」という行為でもいいから

自分のことを見て欲しい

という心理が働いている場合があります。

 

 

 

子供自身は「怒られたい」とは思っていませんが

 

 

 


自分の無意識で
「気づかれない」よりは「怒られることでもいいから気づかれたい」
と思っているのです。

 

そこで怒ってしまうと
子供との利害関係が一致して
同じことが繰り返されていきます。

 

 

 


頭では「怒られたくない」と思っても
心の奥では「怒られることでもいいから自分を愛して欲しい」
と思っているのです。

 

 

 


しかし
それでは「本当の愛」は伝わりません。

 


ではどうしたらいいのか。


それは


「行動」の前に

「思考」を入れることです。

 


本当に自分が思っていることが「ちょっかいを出す」ことで伝わるのか

私の愛が「怒る」ことで伝わるのか

 

 

 

それを一度「思考」することです。

f:id:yumezyuku:20180311080557j:plain

 


相手の立場に立てると良いですね。
その記事はこちら

 

 

www.nino2no.com

 

 

人間が他の動物とは違い
ここまで発達できたのは「思考」することができたから
だと言われています。

 

少しずつ
自分の思いを行動で伝えられるようになれたらいいですよね。

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com