現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

目の前の子どもに伝えたいこと。全員が主役。だからこそ、脇役に徹することが大切になる。脇役になれる人にスポットライトを当てる


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

4月から始まったこのクラスも
あと数日で終わりを告げます。

 

 


壁の掲示がなくなってきて
教室から荷物が少しずつなくなって行くと
寂しさがこみ上げてきます。

f:id:yumezyuku:20180319221600j:plain


私は
新学期から今まで
子どもに伝え続けたことがあります。

 

 

 


それは
『君たちが主役だ!』
『全員が主役だ!』
ということです。

f:id:yumezyuku:20180319222429j:plain

 


学級でリーダーとして目立っているあの子も

 


いつも読書をして過ごすあの子も

 


友達とよく喧嘩をしてしまうあの子も

 


なかなか人前に出られないあの子も

 

 

 

 


自分の人生の主役であり
クラスの主役です。

 

www.nino2no.com

 

 


しかし
全員が主役として輝くためには
名脇役が必要となります。

 

 

 

教師はその脇役の代表格だと思っています。
その記事はこちら。

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 


自分の人生では主役だけれど
友達の人生の中では、自分は名脇役になろう


そういう意識があると
自分にスポットライドが当たるとき

f:id:yumezyuku:20180319223033j:plain

 


周りの人が
名脇役になってくれます。

 


全員が主役。
でも、全ての人が同時に主役になるのではない。

 

 

それぞれ輝くタイミングがあり
その時の主役のために
脇役に徹し合うこと。

 

 

 

すると、その集団は
加速度的に成長します。

 

 


そして、とても幸せな集団になることができます。

 

 

 

卒業式はその最たるものでしょう。
卒業生という主役のために
在校生が名脇役に徹する。

 

 

 

すると、自分が主役になった時
沢山の人にスポットライトを当ててもらえるのだと思います。

 

本当に大切なのは
自分が主役だと思えること
そして
仲間のために脇役に徹することができる想い

だと思います。

 

 

 

 

 

 

自分の人生を生きている子供と講演会を行います!

よろしければ足を運んでみてください。

www.facebook.com