現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【世界一失敗の多いクラスをつくる。一番成長できる環境とは、失敗を肯定できる環境】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 


新学期がスタートしました。
今年は、去年もっていた学年を持ち上がりで持たせていただけることとなりました。

 

 

 

 

嬉しい反面
少し困ったこともあります。

 

 


それは、だいたい3分の1が
去年担任していたこと。


それはどういうことかというと
ほかの3分の2の子どもたちが、疎外感を感じかねないということです。

 

 

 

すでに関係が築かれている子
これから関係を築く子

 

 


その両方がクラスに混在していることは
特に気を配らなければいけないことだと思います。

 

 


以前、全ての子に愛を持って接するというブログを書きましたが

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

ここでは特に
気をつけるポイントだと思います。

 

 

 

 

 

さて、
本題に入ります。

 


私は、子どもが
自分で課題や目標をみつけ
自分でチャレンジし
自分で失敗し
自分で乗り越える

そんなクラスを作っていきたいと思っています。

 

 

 

その途中には
仲間と協力したり
仲間を助けたり
仲間に助けられたり
そんなことをしながら

 


みんなでクラスをつくることを目指しています。

 

 

 


初日には、こんな話をしました。


この学年を先生が受け持つと分かった時
先生は、一つ目標を決めました。


それは、世界一のクラスをつくる。

 

f:id:yumezyuku:20180410205724p:plain

 

 


何が世界一かって?

 

 


それは
みんなで決めるんだ。

 

もし、なんでも世界一になれるとしたら
どんな世界一のクラスにしたい?

 

 

 

 

そして、宿題で
どんな世界一のクラスをつくりたいかを考えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

そして、2日目の月曜日。
子どもたちの意見は様々でした。

世界一発言が多いクラス
世界一笑顔のクラス
世界一ハッピーなクラス
世界一優しいクラス

 

 

 

色んな意見が出た後
こんなことを子供に伝えました。

 

 

 

 


では、これらの中から一つ目標を決めるとして

 

 


全てのことを叶えられる
魔法の方法があります。

 

f:id:yumezyuku:20180410205912j:plain

 

 

 

 

 

それは、世界一〇〇をすることです。

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

 

 

 


なんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


考えましたか?

 

 

 

 

 

 

 


それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


失敗です。

 

f:id:yumezyuku:20180410210029j:plain

 

 

失敗は悪いことのように思うけれど
挑戦と失敗と成長はワンセットです。

 

 

 


失敗をしなければ
成長することはありえない。

 

 

 


いままでやったことがないことをするから失敗するんです。

 

 

 

 

みんな、歯磨きで失敗して鼻にさしたことないよね?
あれは自分で出来る範囲だからです。

 

 

 

でも、リフティング50回は失敗するよね?

 

 

 


でも失敗するから
成長して
やり続けたらできるようになるよね?

 


だから失敗はとても必要なこと。

 

 


世界一失敗するクラス
世界一チャレンジするクラス

 

 

 


世界一失敗するクラス
世界一成長するクラス

 


だから先生は
ほとんど手を出しません。

 

f:id:yumezyuku:20180410210303p:plain

 

 

失敗して困ったらいつでも助けます。
でも、先生からああしなさい。こうしなさい。は極力言いません。

 

 

 

「これはクラスを幸せにするために必要だな」と思ったら


とりあえずやってみて下さい。


自分たちでチャレンジしてください。

 

 

そして、たくさん失敗しましょう!
全員が失敗しまくるクラスだったら
失敗は怖くなくなります。

 

そして、世界一失敗が多いクラスを目指しましょう。

 

 

 

私たちもそうですが、失敗を怖がりすぎる傾向にあると思います。

大丈夫です。

失敗をしまくれば恐怖は薄れます。

失敗をしまくれば、成長します。

 

 

やりたいのにやらないほうがよっぽど失敗だと私は思います。

f:id:yumezyuku:20180410210650j:plain