現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

頼ること。1人でなんとかするより、得意を出し合うことで集団は最大パワーを発揮する。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

学級が始まって数日。
いきなりステキなことが起きました。

 

 

それが
宿題忘れ0

f:id:yumezyuku:20180417063152j:plain

 

 


別に宿題を出すのが偉いとか
宿題をやるのが当たり前とか
そんな話ではありません。

 

 

 


どちらかというと私はアンチ宿題派です。


やらされる漢字の書き取りや算数プリントよりも、もっと自由に自分のやりたい勉強を好きなだけられたらいいなと思っています。

 

そんなことを考えてこんな宿題を出していたこともあります。

 

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

 

 

 


しかし
学校方針として
学年方針として宿題は出ます。


だったらそれを
学びに変えたり、成長の糧にできたらいいなと思っています。

 

常々子どもには言っていますが
「自分とした約束は守ろう」と言っています。


宿題忘れてもいいけど
その宿題に対して自分で決めたこと(明日だすのか、今日中に出すのか、それとも1週間以内に出すのか)は守ろう。

f:id:yumezyuku:20180417062950j:plain


そんな話をします。

 

 

ここで宿題忘れ0が素敵だと思ったのは

 

 

 

 


先生が何も言っていなくても自分たちで声をかけあって宿題忘れ0になったからです。

 

私は昨日の記事に書いたように
子どもに当事者意識をもってほしいと思っています。

 

 

 


なので、あまり
宿題は絶対出しなさい!静かにしなさい!
など指示は出しません。

 

f:id:yumezyuku:20180417062935j:plain

 


自分たちでどんなクラスになりたいか考えて育てていこう。
というスタンスで子どもに頼っています。

 

 


昔は、
宿題を出していない子に対して叱責したり
全体に働きかけることも沢山しました。

 

 


それでも、宿題忘れは減りませんでした

 

 

 

 

なぜか。
それは、先生というひとりの力だけでなんとかしようとしていたからです。

 

先生の力なんてちっぽけです。

 

 


目の前には、すごいパワーを持った子どもたちが何十人といるのです。

 

 

 

 

その子どもたち一人一人が
少しパワーを出せば

 

 

 

先生ががむしゃらに頑張るよりも
すごく大きな力になります。

 

f:id:yumezyuku:20180417063048j:plain

 

 

 

子供を信じて頼ること。
大切だなと思います。

 

 

これは教師だけではありません。


このブログを読んでいる方の中には会社や家族でも
同じことが言えるかなと思います。

 

 


自分が任された仕事だからと
自分一人でなんとかしようとするより
周りに頼ると見えてくるものがあります。

 

 

自分の子だからと
自分一人でなんとかしようとするより
周りに頼るとみんなが幸せになることがあります。

 

 

頼ることを覚えると
たくさんのやりたいことが形になっていきますよ!

f:id:yumezyuku:20180417063152j:plain