現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

やりたいことを行動する前にやっておくべき3ステップ「①最悪から考える」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

前回の記事の続きになります。

やりたいことを行動する前にやっておくべきポイント3ステップ。

いきなり、大きな試練です。

あまり考えたくないかもしれませんが

これを考えることで

成功率はぐっとあがります。

 

www.nino2no.com

 

では早速具体的な方法を書きます。

 

ポイントは

①最悪から考え

②疑い、考え

③最高を考える

そして最後は

何とかなるさ

です。

f:id:yumezyuku:20180501094602j:plain

 

 

 

 

①最悪から考える

自分がやりたいことをした際の

「自分が思いつく限りの、最悪な場面をしっかり想像すること」

をじっくり考えて、紙に書き出すことが最初です。

 


実は、ここが一番辛いかもしれません。

 

もしかしたら

「やっぱり自分にはできないかも」と不安になるかもしれません。

f:id:yumezyuku:20180501095128j:plain

しかし、ここで大切なのは

「やりたいことをやるための大切なステップ」だと考えることです。

 

 


ここでのコツは、ネガティブな感情をしっかり感じて、
出しつくしてしまうことです。

 


ネガティブな感情を直視すれば、

もうお腹いっぱいで飽きてしまうことがあります。

 

 

例えばあなたが世界一周をしたいとします。

最悪とはどんな状況ですか?

 

 

・強盗にあって身ぐるみを剥がされて野垂れ死ぬ?

・爆破テロにあう?

・一文無しになって帰れない?

 

 

それをできる限り考えて

紙に書き出すことです。

f:id:yumezyuku:20180501095830j:plain

 

 

不安になった時に

人に聞いてもらう

ポジティブなことを考える

という人も多いと思いますが

 

 

紙に書くほうが何倍も不安は解消されるという研究があります。

 

 

 

ある大学の研究論文では

試験前の学生を集め

A、受験に対する不安を5分間紙に書き続ける

B、受験が終わったらどんな素敵な未来が待っているか、終わったら何をしよう等ポジティブなことを5分間紙に書き続ける

C、何もしない

 

の3つのグループに分けて

試験結果を比べたところ

f:id:yumezyuku:20180501101405j:plain

 

Aグループの学生はいつも以上の結果を出せた

のに対し

他のグループは、いつも以下、もしくはいつもと同等

の結果しか出せなかったという

実験結果があります。

 

 

 

不安を書き出すというのは

とても、自分の心をリラックスさせる効果があることがわかっています。

 

 

 

 

 

 

まずは、第一ステップ

「最悪を考え、紙に書き出す」

をやってみてください。

 

 

やってみたら、次のブログへ進んでください。