現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

やりたいことを行動する前にやっておくべき3ステップ「②疑い、考える」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

やりたいことを行動する前にやっておくべき3ステップの2番目です。

前回、前々回からの続きになります。

 

 

前々回の記事はこちら

www.nino2no.com

 

 

 

第2部

①「最悪を考える」は、こちらをご覧ください。

 

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

今回は

その3ステップの2つ目

「疑い、考える」ことです。

 

 

f:id:yumezyuku:20180501104556j:plain

 

これは本当に最悪な事かどうか?単なる自分の思い込みかどうか?

ということを疑ってみるのです。

 

 

 

前回「世界一周」に行きたいと思った時の最悪の例を考えてみましょう。

 


・強盗にあって身ぐるみを剥がされて野垂れ死ぬ?

・爆破テロにあう?

・一文無しになって帰れない?

 

 

強盗にあう確率は

地域にもよりますが(ここ重要)

日本で交通事故に遭う確率よりも少ないです。

 

 

これは本当に起きることなのか?

爆破テロが行われている地域を調べれば一目瞭然ですが

ほとんどの地域は爆破テロなんて起きていません。

 

 

一文無しになっても

帰れないことはないかもな

 

 

 

紙に書き出すと

案外、あれ?最悪だと思ったことも案外大したことないかもしれないな?

と思えることが多いものです。

 

 

 

心が少し軽くなったら

次は「考える」です。

f:id:yumezyuku:20180501103656j:plain

 

 

それがここに書いてある

「最悪を考えて、最大の準備をする」

ということです。

 

f:id:yumezyuku:20180501104706p:plain

 

強盗にあってしまうかも

バックパックは盗難防止付きのものを選んで、危険な地域を調べて、対策を立てる

 

 

爆破テロにあう

爆破テロがありそうな地域を調べて避けよう

 

 

一文無しになって帰れない

緊急用にお金を分散、日本から送金してもらう方法を調べる、現地で稼げる方法を考える

 

 

 

そうやって対策を一個一個考えていきます。

 

 

わからない場合は

やったことがある人に話を聞く

本で調べる等の対策をすることができます。

 

 

 

不安は、頭の中でぐるぐるしている時が一番不安です。

それを紙に書き出して

対策を考えれば

もう不安ではなく計画になります。

 

 

そうすることで

 

最初の一歩がかなり踏み出しやすくなります。

 

 

 

さて、次回が最後のステップです。

これが一番楽しいステップです。

ぜひ最後まで頑張ってください。

 

 

それまでに

復習として読んでおくことをお勧めします

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com