現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピーこくばん

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

「人生」という考え方  仕事と家庭どっちが大切?どっちも大切だ!自分の時間と家族との時間どっちが大切?どちらも大切だ!


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この日は家庭訪問の日

家庭訪問のときは
子どもたちに話すことがあります。

 

www.nino2no.com

 


それは
家庭訪問は、お家の人に感謝を伝える日

f:id:yumezyuku:20180507233927j:plain

学校で目の前の子どもたちが
元気に笑っていられるのは
家庭が素晴らしいから

 

 

目の前の子どもたちが
元気で生活できているのは
家庭が育ててくれているから

これは間違いなく事実です。

 

 

 

 

もし家庭がぐちゃぐちゃで
笑える状態じゃなかったら
もし家庭環境がひどくて
健康でなかったら

 

 


こうやって笑っていられません。

 


つまり
子どもが幸せになるためには
学校だけじゃダメで
家庭だけじゃダメで

 

 

 

いろんな環境が相互に関わり合うことで
幸せになって行くんだと思います。

 

 

 


そこで今回伝えたいことは
「仕事過多」や「自分主義過多」
「合わせすぎる傾向の人」や「自分主義になりすぎな人」に伝えたいなと思っております。

 

 

 


最近、身体を壊しまして
ゴールデンウィークで入院をしてしまいました。

 

 


壊してからでは遅いですが


健康って大切だなー。
家庭って大切だなー。って肌で感じました。

 

 

 

仕事仕事、楽しいからどんどん仕事して
って、仕事をしすぎた結果

身体を壊して取り返しがつかなくなる。

 

 

 

よくあるパターンです。

 

 

 

 

ひと昔前のことかもしれませんが
「家庭と仕事どっちが大事なの?」なんて言葉もありました。

f:id:yumezyuku:20180507234048j:plain

 


結論から言うと

どっちも大切

ですよね。

 

 


でも、人は判断を間違えてしまうのです。
本当に大切なものを
自分の優先したいものを。


どう間違えるかと言うと

 


例えば

 

今日は子どもの誕生日だったとします。
早く帰る約束をし、プレゼントを車に仕込んで会社にいく。

定時に上がる予定で
仕事をキッチリこなす。

さぁ定時。


お疲れ様でした!!


と言おうとした瞬間

 

上司からこう告げられる。

「少し手伝ってくれんか。お前の後輩がピンチだ。一緒に行ってやってくれ」

 

 

 

さて、あなたならどうしますか??

 

 

 

その時人は、間違った判断をしがちです。

 

 

 


「本当に大切にしたいこと」
よりも
「断りにくいもの」
を優先させてしまう。

 

 


結果
「仕事なんだから仕方ないだろ」
となってしまうことがあります。

 

f:id:yumezyuku:20180507234306j:plain


人は弱い生き物です。


私だってそうです。

 

 

 


本当に大切にすべきところよりも
目先の
断りにくそうな
自分が傷つかなさそうなものを選択しがち。

 

 

 

そして、身近な人にほど
迷惑をかけてもいいと思いがちです。

身近な人なら、自分を分かってくれるからと思いがちです。

 

 

でも

 

改めて自分の心に問い直してみてください

 

 

 

 

ほんとうに大切にしたいものは何?

f:id:yumezyuku:20180507234504j:plain

 


仕事だって
家庭だって
自分の時間だって
家族との時間だって
仲間との時間だって
健康だって

 

人は大切にしたいんです。


それらを全て合わせて
「人生」と呼びます。

 

 

 

コーチング的には
本当はこのら7つの領域のことですが

f:id:yumezyuku:20180507234551j:plain

 

 

つまり何を言いたいかと言うと
人生について考えてみよう!ということです。

 

 


家庭訪問の黒板から
こんなに飛躍してしまいました笑