現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この日
私のクラスで
「時間を守る」ことについて
「約束を守る」ことについて
話をしました。

 


以前も忘れ物をなくすための方法を
MACの法則を使って説明しましたが


詳しくはこちら↓

 

www.nino2no.com

 

 

一度話しただけでうまくいくはずもなく
なかなか忘れ物が減らない
なかなか時間を見て行動できないことが多くありました。

 

 

 

その中で子どもたちに
「時間を見て行動するためにどうしたらいい?」という問いかけをしました。

 

 

 

すると、多くの子は
「次回から時計をみて行動する」とか
「3分前行動を心がける」とかという話をします。

 

 

 

 


しかし、ここに目標達成ができない落とし穴があります。

f:id:yumezyuku:20180528232913j:plain

 

 

 

 

私たち大人もそうですが
何かがうまくいかない時

 

 

 

 


頑張ろうとします

f:id:yumezyuku:20180528233101p:plain

 

 

 

 

例えば、子どもが勉強の成績が悪かったとき

多くの子は
次は頑張ろう!って思います。

 

 


そして、次のテストのために
数日はなんとか勉強します。

 

 

 

 

 


しかし

 

 

 

 

 

 


続かないのです。

f:id:yumezyuku:20180528233257j:plain

 

 

 

そして、継続できず気付いたら
同じような成績を取っている。

 

 

 

 

こんなことはよくあります。

 

 

 

 

 

それは
「頑張る」ことが原因です。

 

 

昔から、結果はどうあれ頑張っている人

頑張っているように見える人が褒められました。

 

 

 


〇〇ちゃんは毎日机に向かって勉強してて偉いね〜。
△△くんは頑張ってるねー。

というように。

 

 

 

 

すると、頑張ること=いいこと
だと捉えてしまいます。

 

f:id:yumezyuku:20180528233619j:plain

 

 

たしかに頑張ることは、はたからみると良いことのように見えますが

 

 

 


私がもっと大切だと思うのは

頑張らなくても出来るようになるために工夫をすること

だと思います。

f:id:yumezyuku:20180528233803j:plain

 

 

 

 

 

これは、脳科学であきらかになっていることですが

頑張っている状態は
絶対に長く続かないのです。

 

 

 

 

だから、
頑張らなくても勉強が続けられる工夫をする。
頑張らなくても出来るように考えることです。

 

 

 

 


実際、私は
毎日ハッピー黒板を書き続けています。
どんなことがあっても続けられています。

 

 


周りからは
「よくがんばるよね」
「自分には無理」
そう言われます。

 

 

 

しかし、私は
頑張ったことは一度もありません。

 

だから辛くもありません。

 

それは、「習慣化」させる方法を知っていること
「頑張らないための工夫をしている」からです。

f:id:yumezyuku:20180528234733j:plain


 

 

 

 

かの有名か松下幸之助がこんな言葉を残しています。

 

パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。異名は「経営の神様」。

f:id:yumezyuku:20180528234346j:plain

 

「働くことは尊いが、その働きに工夫が欲しい。創意が欲しい。額に汗することを讃えるのもいいが、額に汗のない涼しい姿も讃えるべきだ。怠けろというのではない。楽をする工夫をしろというのである。」

 

 

 

頑張る頑張る
ではなく、楽しく目標達成するための工夫を考えてみてください。