現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

貯めよう!信頼貯金!


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

 

 

 ハッピー黒板作成動画はこちら

www.youtube.com

f:id:yumezyuku:20151231204826j:plain

 

以前ブログで

「ありがとう貯金」

という話を書きました。

 

www.nino2no.com

 

それに少し似ていますが、今回は

「信頼貯金」です。

 

 

小学校の時
こんな事はありませんでしたか??

ーーーーーー

 


宿題を忘れてしまったあなた。

先生に謝りに行きました。

しかし、そこには先約が。

 

 

そこには同じく宿題を忘れてしまったAさん。

話を聞いていると

Aさん『すいません。宿題を忘れてしまいました』

先生『そうか。珍しいな。次回から気をつけるんだぞ。素直に言えたな。』

 

 

その時あなたは

おおっ!いつもは厳しい先生が、今日は機嫌が良さそうだな?

チャンスだ!

と思い、自分も謝りに言ったら。。。

 

 

自分『すいません。宿題忘れてしまいました。』

すると先生が

先生『なんだと!!なんでいつも忘れるんだ!やる気はあるのか!今日中に出しなさ

い!!』

 

 

あれ??

さっきはあんなに優しくしてたのに!!

 

ひいきだ!

この先生最低だ!

なんで俺だけ厳しく怒るんだ!


ーーーーーーーー

なんて思った経験ありませんか??

 


あれ?私だけでしょうか?

 

これは、

先生がAさんをひいきしているわけでも

自分の事を嫌っているわけでもありません。

 

ただ、Aさんには信用があっただけです。

そして、自分には信用がなくなっていただけです。

 

 

 

Aさんは毎日宿題を欠かさず出していた。そして、先生のお手伝いをよくしていた。

方や自分は宿題をいつも忘れていた。

そして、やらずに遊んでばかりいた。

 

 

Aさんには

一度信頼が減る(宿題を忘れる)ことがあったとしても、これまで信頼できる事をたく

さん積み上げてきたので

『まだまだ信頼できる人』として見られている。

 

 

自分は
いつも宿題を忘れているので信頼はマイナス。

そんななか、また信頼が減る(宿題を忘れる)ことがあっ

たら、

さらに信頼はマイナスになるので

『さらに信じられない人』としてとらえられる。

つまり

 

 

 

【信頼される人になるためには日々、意識して信頼出来る人になるための行動をすること】が大切だという事です。

 


もしもの失敗、間違いがあったとしても

それによって信頼を失わないように

信頼される自分であり続けることです。

 

 

 

マイナスになった信頼をプラスにするのは本当に大変です。

 


毎日コツコツ、信頼される自分になれる行動をとっていきたいですね。

 

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

f:id:yumezyuku:20151231204826j:plain

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com