現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

結果よりも大切な事。〜子ども達に伝えたい人生をハッピーに生きる秘訣〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/

 

個人facebookはこちら☆

気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

 

f:id:yumezyuku:20160103141636j:plain

 

 

 

私は常に子どもたちに言っている事があります。


それが【結果ばかりにこだわるな。】


ということです。

 

 

 

 

よくテレビを見ていて

子どもたちの夢の対象になっている選手などが

『結果が全てです』と言っているのを目にします。

 

 


それからというもの

子どもが結果にこだわる子どもが多くなっているような気がします。

 

 

 

 

もちろん、自分自身に対する厳しさとして、

「結果がすべて」と言うのはいいとおもいます。

 

 

 

 

それは、

結果について言い訳したりひとのせいにしたりしないで、

責任を自分で引き受け、

これからさらに努力していくという決意の表れだからです。

 

 

 

 

そんな人は成長していくことができるのですから。

 

 

 

 

 

しかし、結果を追い求めるばかりに


思うような結果にならなかった時、

 

それをバネに変えられず

自分を責めてしまったり

他のせいにしてしまったり

逆に

結果さえよければ

 

 


と考えてしまう子どももいるのです。

 

 

 


とくに、私が心配なのは

 

 

 

 

 

子どもにかかわる大人の中でこういう考えが増えることです。

 

 

 

 


勉強でもスポーツでも習い事でも、

 

 

側にいる大人がこういう考えをもっていると

 

 

 

本当に子どもを伸ばすことはできないとおもいます。

 

 

 

子どもの素質や能力は大人以上に千差万別。

発達段階や成長度合いも個人差があります。

 

 

 

 

だからこそ私は
【結果よりも、自分が全力で行えたか】

を考えるように伝えています。

 

 


全力でやれたら

 

感情が大きくなります。

 

 

 

感情が大きくなれば

どの感情になってもそれを次につなげることができます

 

 

 


次に繋げることができたら
成長できます。

 


どんな結果であれ

そこから学び成長する。

 

結果に一喜一憂するより

全力で行えたかどうかを意識する。

 

 

これが大切ではないでしょうか。

 

f:id:yumezyuku:20160103141636j:plain

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com