現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

【自主的と主体的の違いとそれぞれの伸ばし方。宿題を自主的に、勉強を主体的にさせる方法】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20160809143423j:plain

 

 

みなさんは、『主体性と自主性の違い』を知っていますか?

 

私は恥ずかしながら教員を始めるまで、というより、この黒板を書いてこうやって記事を書くまで知らずに使っていました。

 

違いがわかったからなんだって話なのですが

この「自主性」と「主体性」は本当にこれからの日本で大切な要素です。

身につけておくべき力だと思います。

 

 

では、その違いとは何でしょうか?

 

 

まずは、辞書からその意味を読み取ってみましょう。

 

f:id:yumezyuku:20180926211213j:plain

 

 

 

 

自主的:[形動]他からの指図や干渉によらずに、なすべきことを自分の意思に基づいて行うさま。「自主的な活動」

 

 

主体的:[形動]自分の意志・判断に基づいて行動するさま。「主体的な行動」

 

 

 

んー。よくわかりませんね。

 

しかし

 

自主的:他からの指図や干渉によらずに、なすべきことを自分の意思に基づいて行うさま。

 

 

この「なすべきこと」をするか、そうでないかの違いになってくるのかと思います。

 

 

 

私の解釈ですが


『自主性』とは
他人からの干渉や保護を受けず、独立してことを行うことです。

自主性は単純に「やるべきこと」は明確になっていて、 その行動人に言われる前に率先して自らやることです。

例えるなら、
宿題という「やるべきこと」
誰にも、何も言われずに自分で「やろう!」と思ってやることができるということです。

 

 

 

 

 

 

『主体性』とは
様々な状況下においても自分の意志や判断で行動するということです。

つまり「主体性」は、何をやるかは決まっていない状況でも自分で考えて、判断し行動するということになります。

これは、例えるなら勉強でいう「自主勉強」です。
何をやるかも、どれ位の量をやるかも自由。自分自身がやると決めて行動するものです。

 

 

 

もう少し比較をすると

 

宿題を自分からする→自主的

宿題だけではなく、自分から何か勉強をする→主体的

 

 

 

 

係活動を進んで行う→自主的

係活動だけでなく、クラスをよりよくするためにアイデアを出したり、新しい行動を行う→主体的

 

だということになります。

 

 

 

普段の学校生活をしていると
どうしてもこの二つを育てることが難しくなる時があります。

 

 

 

 


宿題は必ずでるし
授業は範囲が決められている

 

f:id:yumezyuku:20180926211950j:plain

 

しかし、教員や保護者の方が意識を変えることで

 

 

 


子どもたちに
「自主性」と「主体性」を育むことができると私は考えています。

 

 

 

 

 

それは子どもが動きやすい環境をつくることです。

 


ここでは宿題を例にとって自主的に、主体的に行動する能力を育むために必要な事を紹介したいと思います。

 

 

それは【見守ること】です。

 

f:id:yumezyuku:20180926212113p:plain


「こうしなさい!」
「まだやっていないのか?」
「はやくしなさい!」

 


このような言葉を控えることです。

 

子どもが動く事を信じて待つことです。

 

 

しかし、これが結構難しかったりします。

手をかけたくなったり、口を出したくなってしまうものです。

それが親心であり、教師心です。

  

しかし、そこはあえてどっしりじっくり「信じて待つ」のです。

 

 

 

もし、動きが見られなかった場合は

イライラせず指導ではなく提案、紹介をすることです。

 

 

「こんな風にすると、楽しく宿題終わらせられるよ」
「お母さんは、こんな風に宿題やったら成績すごくあがったんだけどなー」

と提案をし、紹介することです。

 

 


そして、また【見守ること】です。

 

f:id:yumezyuku:20180926212305p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

その次には
【やってみせる】ことです。
身近な大人が、自主的に、主体的に、楽しそうに仕事や家事、課題を乗り越えていく姿を見せてあげることです。

 

f:id:yumezyuku:20180926212438j:plain

 

 

 

 

 

「なんでこんなに楽しそうにしてるんだろう?」

と思わせたらこっちのもの。

 

 

 

 

 

聞かれたらこの一言です。


「なんでだと思う??」


そうすることで子どもの思考が働き出します。

 

 

 

子どもがどんな答えを持ってきても返す言葉は同じです。

 

 

「おっ!じゃあ、君も宿題をやるときに同じようにやってみたら?楽しくなるかもよ?」

 

 

 

こうして実践させていくのです。

 

 

 

 

 

すると子供達は

 

 

 

 

 

自ら考え行動するようになります。

しかし、これはとても時間が必要です。

一年、二年という単位かもしれません。

 

 

 

 

 

怒ったり、叱ったり、大人の権力を使えば宿題をさせることはその場でできます。

 

 

しかし、そこには
主体性も、自主性もありません。

 信じる力です。

長い目で、大きな心で

子どもを見守り、大人が動く。

 

 

それが、子どもが幸せになるための大人の役目ではないでしょうか。

 

 

 

f:id:yumezyuku:20160809143423j:plain

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!