現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

イライラを解消する魔法の言葉と接し方。「頑張っていない人はいない。」


LINE@に登録すると3ヶ月で費用13万円の「やりたいことを形にする」講座
はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント
悩み相談、子育て相談も可能。気軽にれご連絡ください!
f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

◆人に対してイライラしてしまうのは自分と相手の「マイルール」の違い◆

子どもに対してイライラしてしまうことありませんか?

怒れてしまうことはありませんか?私は昔本当によくありました。

「宿題をやってこない」「約束を守らない」そんな理由だったり、「家でダラダラしている」「きちっとしていない」「すぐ諦める」そんなイライラを経験したことはありませんか?

 

子どもに対してだけではありません。

同僚に対して、家族に対してイライラしてしまうことはありませんか?

 

実はそのイライラの原因の一つに「自分の常識との差」があると言われています。

 

例えば「宿題をやらない子ども」にイライラしていたとします。

その時の原因は「子どもが宿題をしないこと」ではないのです。

 

ではもし、その宿題がとても難しくて、クラスの1〜2人しかやってこれない宿題だったとしたら、しかも先生から「これはやってもやらなくてもどちらでもいいよ」と言われていたとしたらイライラするでしょうか?

 

多分イライラしないですよね?

 

 

イライラする原因は自分にあります。

自分の中で「宿題をやるのは当然だ!」

という考えがあるからこそ、宿題をやっていない子どもを見ると「なんでやっていないんだ!」とイライラしてしまうのです。

 

 

人は「普通はこうあるべきだ。」「これが当たり前だ」というマイルールをもっています。

それを相手が勝手に破ると、イライラしてしまう。

 

これがイライラの原因の一つです。

 

その中には、「他人との比較」をするうちにマイルールを形成している人もいます。

「みんなはやっているのになぜ宿題しないんだ」

「みんなは静かにしているのになぜ静かにしないんだ」

「みんながやっているんだから君がやるのも当然だろう」

 

そんな風にマイルールを作る人もいます。

 

 

 

 

◆イライラしないように生きる魔法の言葉「頑張っていない人はいない」

f:id:yumezyuku:20170123231147j:plain

 

 

「頑張っていない人なんていない」

これが私がイライラを感じないでいられるようになってきた魔法の言葉です。

 

宿題をやってこなかった子どもを例にとってみましょう。

 

ある日子どもが宿題をやってこなかったとします。

「宿題をしなかった」という結果だけを見てしまっているうちは

「なんでやってこないんだ!」と怒れてしまうでしょう。

みんなはやってきているのに!やることは当たり前なのに!そうやって怒ってしまいかねません。

 

 

しかし、どんな子供であれ「わざと宿題を忘れてやろう!」と宿題を忘れる子どもはいません。

親や先生には納得できない「子どもなりの理由」があるのです。

そして結果的に宿題をしないという結果になったというだけです。

子どもなりの罪悪感があり、子どもなりの理由があり、子どもなりの考えがあったのです。

 

それを思い出させてくれる言葉が

「頑張っていない人はいない」です。

 

誰だって頑張っているんです。

人には個人差があります。頑張れる量だって時間だって内容だって違うのです。

 

自分にとっては「当たり前」にできることも、ある人にとってみたら「できない」こともあります。その逆もあります。

 

 

だからこそ、「頑張っていない人はいない」です。

 

 

み〜んな頑張っている!人それぞれは違うのだから。

 

 

 

しかしここで勘違いして欲しくないことがあります。

宿題の例で話をしているのでそれで話をしますが

 

 

「じゃあ宿題は出さないでそのままにしてもいいのか」ということです。

確かに、宿題を忘れたことを見てもイライラしなくなります。

 

だから、「オッケ〜!頑張ってるもんね!大丈夫大丈夫!」というわけにはいきません。(本当はそうしていきたいのはあるんですが)

 

そこが40人を受け持つ先生である自分と一人一人に合わせていきたい自分との葛藤でもあります。

どれもこれも「君は今のままでいい」では学級ではなくなってしまいます。

 

お互いがお互いを尊重しあえる環境を作ることが大切で、先生対児童だけならそれでいいですが児童対児童の場合もあるので

 

「ここまでいったら自分の出番」という線を自分で決めています。

 

つまり、「このラインを超えたら修正をかけて指導する」という線を決めるということです。

 

ここでも大事なのは「頑張っていない人はいない」

 

こう思うことで

叱る時に、表情は険しくきつく叱っていても心は冷静でいられます。

感情に任せて、自分がスッキリするために起こることはなくなります。

 

それだけで、本当に心が軽くなります。

 

 

 

そんな相手のことを尊重できる魔法の言葉。それが

「頑張っていない人はいない」

です。

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!