現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

自由と責任の「責任」とは?自由な人になるために負うべき責任を子どもに伝える


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

前回の記事は、「自由席替え」を通して

子供に「自由」な人でいることの大切さを伝えたという話をしました。

 

 

www.nino2no.com

 

やってみた結果、子供たちは

 

 

最初は楽しそうに行っていたものの

 

 

一部でもめ

 

 

もう決まって座っている子は

 

 

我関せず。

 

 

 

一部の人は本音を言えず

一部は主張を続ける。

 

 

 

 

泣き出す子も出てきて

 

 

自分たちで決めた20分の時間が過ぎ

 

 

最終的には50分丸々使う結果になってしまいましたが

 

 

それでも決まらず。

 

 

 

次の日の朝

 

 

子供たちが登校する前に

 

 

子供たちの机上に、プリントを配りました。

 

 

f:id:yumezyuku:20170327220838j:plain

 

 

 

その内容がこちら

f:id:yumezyuku:20170327220803j:plain

 

自由と責任の「責任」とは

手に入れた自由を守りきる責任のこと

 

 自由には必ず責任が伴う。

 

 

それはみんな分かっていることです。

 

しかし、勘違いして欲しくないのは

 

 

 

「〇〇を自由にしていい、その代りに△△を守りなさい」

 

というのは、少し違うのではないかなと思うのです。

 

それは、自由を手にいれる代りに不自由が手にはいるようなものです。

 

 

 

 

大切なのは、

 

 

手に入れた自由を守りきるために

 

できる限り

力を出すことです。 

 

 

だから「自由」とは一番難しい。

でも、一番楽しい。

 

 

 

 

 

自由を守るためには

相当な覚悟が必要なのです。

 

 

それはなぜか。

 

 

それは

 

 

人は一人で生きていないからです。

 

 

無人島で生活している人であれば

 

 

「自由」とは「個人の自由」です。

 

 

 

しかし、学校、社会で生活する上での自由は

 

 

「自分」

 

そして

 

 

「相手」

 

が必ず存在します。

 

 

 

 

 

例えば

お父さんは、会社を独立して自分のお店を出したい(自由に労働をしたい)という思いを持っていたとします。

 

 

 

しかし、お母さんは、

家庭が自由に買い物をしたり、子供が自由に教育を受けられるだけのお金をしっかり作っていて欲しい(自由に行動したい)という思いを持っていたとします。

 

 

すると、お父さんの考える「自由」とお母さんの考える「自由」が

ぶつかってしまい、喧嘩になるパターンがよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

今回の席替えを例にとって簡単にお話しすると

 

 

 

プリントにも書いてありますが

 

 

 

 

「自分がAの席に座りたい」という意見と

「友達もAの席に座りたい」という意見がぶつかることがあります。

 

 

 

その時

①自分の意見だけ押し通す

すると「相手」の自由を守ることになりません。

 

②相手の意見に従う

すると「自分」の自由を守ることになりません。

 

③お互い意見を言い合う

するとお互いの自由がぶつかり、話は平行線、もしくは戦争です。

 

 

 

だから、

自分の意見を押し通すことも

自分の意見があっても言わないのも

 

どちらも自由を守ることにはならないのです。

 

 

 

そのために必要なのが

 

「いやな思いをしたとしても、相手にさせたとしても、しっかりと自分の意見を伝える」勇気

 

 

「自分と意見が違ったとしても、相手の意見を尊重する」広い心

 

 

 

 

 

 

 

そして、次の日

 

 

子供達から

 

 

「もう一度みんなで話をさせて欲しい。次は20分で大丈夫」

 

 

そうやって提案がありました。

 

 

正直、授業時間が少なくなっていたので、どうしようかと思いましたが

 

 

 

次は必ず20分という条件のもとOKをしました。

 

 

 

すると

 

 

きっちり20分。

 

 

円満解決

 

 

 

昨日のあのカオスな、負のオーラが満ちていた後半30分はなんだったのか(笑)

 

だったら、先にこのプリントを配ればよかったのか。

f:id:yumezyuku:20170327220803j:plain

 

 

多分、最初にこれを配ってもここまでいい感じに解決はしなかったでしょう。

 

 

これは、子供達が一度「自由」の大変さと凄さを経験したからこそ

 

伝えられたことだと思っています。

 

もめていた席はお互い腹を割って話をし、解決をしたようでした。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

実は、この席がえには続きがあります。

 

20分で終わる予定が

 

最終的に50分オーバーで終わり

 

わたし的には「いい勉強になったし、授業は少しずつ詰めてやろか」と思っていましたが

 

 

子供たちから

 

 

「先生。多分中には、授業したかった人もいると思うし、先生との約束も20分だったし、使っちゃった50分をどうするか話し合いたい」という提案がありました。

 

 

そして

 

 

「宿題を少しずつ多めにする」

「朝の読書の時間と、休み時間を何回か授業に充てる」

 

という方法を子供達から考え、提案がありました。

 

 

 

先生の「授業をしたい」という自由

クラス全体の「勉強をしたい」という自由

まで考えて行動する子供たちに成長を感じた出来事でした。

 

 

 

これが起きたことは

私たちこそ子供から学ぶべきところではないでしょうか。

 

 

 

相手の自由を尊重できているか。

 

 

自分の自由を、勇気を出して伝えているか。

 

 

自分の自由を必死に守るために

相手を攻撃したり、陰で悪く言ったりしていないか。

 

 

そんなことを今一度考え直してみると良いかもしれません。 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!