現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

子供の話をしっかり聴く5つの方法!子供の話を聴いていますか?


メルマガに登録すると3ヶ月で13万円の

やりたいことを形にする」講座

はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント中


f:id:starbucksfanfan:20190518172902p:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

前回は、子供の話を聴くことで得られるメリットの話をしました。

 

www.nino2no.com

 

 

これを読んでいただいて「そうか!話を聴くことは大切なんだ」ということはわかっていただけると思うのですが

 

「そんなこといっても忙しくてなかなか聴く時間を取れないよ」

「どうやって聴いてあげたらいいかわからない」方のために

人の話を聴く方法

をお伝えします。

 

f:id:yumezyuku:20170812102029j:plain

 

 

①「ながら聞き」をしないで「目を見て」「体を向けて」聴く

子供が話をしている時

「うん」「へ〜」「それで〜」と言いながら、スマホを見ていたり、テレビを見ていたり、料理をしていたりと「ながら聞き」をしていませんか?

 

たとえ忙しくても「ながら聞き」をしてしまうと子供は

自分の話スマホ

自分の話テレビ

自分の話料理

だと考えてしまうのです。

 

これを見ている方も同じだと思います。

自分が旦那さんに一生懸命話をしているのに旦那がテレビ見ながら話を聞いていたらムカつきますよね?

自分が彼女に一生懸命話をしようとしているのにスマホをいじりながら聞いていたら、嫌な気分になりますよね?

 

だからこそ、子供の話は、子供の目を見て体を向けて

話を聴くことが一番大切です。

 

 

②相槌を打ちながら話を聴く

これは、子供の成長に合わせてですが、「うん、うん」「そうなんだ!」「なるほど!」「それでそれで?」「すごいね〜」など、相槌を入れながら話を聴くことです。

 

 

子供が幼い場合はオーバーリアクションを取り入れると◎ですね。

これは訓練です。

相槌を打つと、話をしている人は「話しやすいな」「聞いてもらってるな〜」「嬉しいな〜」という感情になります。

 

 

 

③否定せず話を最後まで聴く

子どもの話というのは、大人のスピーチとは違います。

なので、話のつじつまが合わなかったり、同じ話を何度も言ったり、常識外れだったり、違うな〜と思うことでもあるかもしれません。

 

途中で話を遮り

「そこはちょっと違うんじゃないかな」

「その話はさっき聞いたよ」

「で、君は何が言いたいの?」

「もっと簡潔に話して」

 

なんて言ってしまいがちです。

 

否定は子どもの心を閉ざします。子どもは親と「ディベートをしたい(意見をぶつけ合って討論をしたい)」のではなく、「ただ聴いてほしい」から話をするのです。

なので、否定をせず話を最後まで聴いてあげることです。

 

 

 

 

もし「この子の言っていることが間違っているな〜」と思って、子どもの意見を正したかったら話を最後まで聴いてから、子供が自分自身で「今行ったことは間違っているかも」と気付くことができるような質問をしたり、誘導したりしてあげるべきだと思います。

 

 

 

④話を聞けない時間だったら、いつなら話を聞けるのか提案し、約束をする

 

だからと言って、いつでも子どもの話を聴くことは難しいですよね。

家事をしなければいけない。仕事をしなければいけない。やるべきことがある。

そんな時も必ずあります。

そんな時は「今忙しいから後にして!!」と言ってしまいがちです。

 

 

すると子供は

「自分は大切にされていない」と思ってしまいます。

 

 

しかし、言い方を少し変えて約束をするだけで、子供は「自分は大切にされている」と感じます。

その方法は、いつなら話を聞けるのかをちゃんと伝えることです。

話聴きたいけど、今料理作っているから10分待ってくれる?」

と子どもに提案するのです。そしてそれを約束したら必ず守ることです。

 

 

 

 

⑤答えをすぐに言わず一緒に考える

誰でもそうなのですが

人は話をしている時が最も脳みそが動いています。

子どもに悩み相談をされている時、子供の脳みそはフル回転しているのです。

そんな時にすっと答えや親の考えを言ってしまうと、その回転が止まってしまいます。

かと言って「自分で考えなさい」と突き放してしまうと子どもの思考も止まってしまうのです。

 

大切なのは一緒に考えること

「君はどう思う?」

「どうしたらいいかな〜。一緒に考えようか」と子どもの判断を大切にする言葉をかけることで、子どもの脳はさらにフル回転し始めます。

 

そして、一緒に考えることは信頼関係を構築する上で最も効果的です。

 

 

 

 

 

今日はこの5つをお伝えしました。

ぜひ一つでもやってみることをオススメします。 

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!