現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

努力しないと幸せになれないと思っていませんか?幸せになるって意外に簡単で楽しい。小さな行動が周りを幸せにする。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

席替えチャレンジ二日目になりました。

席替えチャレンジって?内容は?

詳しい内容はこちら↓

www.nino2no.com

 

 

実は初日は200個集めるうちの

 

 

 

 

 

40個

 

 

 

しかし、「信じる」ことを選びました。

子供の未来を信じて。

(詳しくは下のブログにて)

www.nino2no.com

 


  

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運命の2日目

 

 

 

 

 

 

 

結果は

 

 

 

 

 

 

 

 


全員参加をして232個

「ハッピーアクション」をして

見事チャレンジ達成でした!
 
  

 

 


ここで、子どもたちに

「何のために」このチャレンジをしたのかを黒板で伝えました。

 

f:id:yumezyuku:20180221204855j:plain


  
  
今回伝えたかったことは、二つです。
  
  


【①まわりをハッピーにしようとすることは、意外に楽しい!】

f:id:yumezyuku:20180221205126j:plain


子どもたちは、この2日
「なにかハッピーにできることはないか?」

と放課中動き回っていました。
 
 

 


そして、ゴミが落ちていたり
だれかが筆箱を落としてしまったりすると


飛んで行って、サポートする。
  

 


A君「はい!落ちてた!」
B君「ありがと!!ハッピーアクションゲットだね!」
A君「やったね!!」
  
  
そんな会話が繰り広げられました。


普段、ゴミが落ちててもスルーするような子も、こうやって
「動機」を大切にして


「目標」を設定し

できているかどうかを「可視化」すると、自然に動きたくなるようです。
 

 

 

 


しかも、苦痛ではなく、楽しくなってくるのです。 
 
  
 


  
  
【②特別な資格や能力がなくても周りを幸せにすることができる】
  

f:id:yumezyuku:20180221205346j:plain


人は(特に大人になると)
人を幸せにしようとすると、何か特別なことが必要だと考えてしまいます。

 

 


  
「お金をしっかり稼ぐこと」
「安定した就職のために資格を取ること」
「特別な能力」など

 

  
実は、そんな能力がなかったとしても、

周りを幸せにすることはできます。
  
  

 

 


こうやって話をするとこうやって考える方がいらっしゃると思います。
  

 

 


「そんなハッピーハッピー言ってて努力しない子になったらどうすんの?努力して手に入れるから幸せになれるのよ」
   

 


多分、これは幸せのハードルが高すぎるのではないかと思います。

 

 

f:id:yumezyuku:20180221205535p:plain

 

 

 


もしくは

 

「努力した分だけ幸せになれる」と勘違いしていると思います。

 


これは
小さい時から大人に


オリンピック選手やプロ選手
有名な偉人の話をされ


「諦めなければ夢は叶う」論を

 

 

f:id:yumezyuku:20180221205727j:plain

 

 

 

 

 


嫌な勉強に向かうための
都合の良いエピソード


現実から逃げたくなる子への
都合の良い努力論

 


に利用されている気がします。

 

 

 


羽生結弦選手が
オリンピック連覇を達成しましたが

f:id:yumezyuku:20180221205852j:plain

 


あの羽生結弦選手は
怪我をして
そこから苦しくても頑張って
乗り越えたから金がある。

 


たしかにそうなんですが

 


そのもっと深いところに
「スケートが滑りたい」
「スケートが大好き」


という思いがあるはずです。

 

 

 

 


それがあるからこそ
逆境を乗り越えられるもの。

 

 


だから「努力した分だけ幸せになれる」
ではなく
「好きなものを好きなだけやると幸せになれる」

 


のだと思います。

 

 

 

 

 


そして、私は子どもたちに
もっと小さな幸せに目を向けて、

そこを大切にして欲しいのです。
  

 


その小さな幸せを大切にするからこそ、

大きな幸せがやってくるような気がします。
  
  

 

 


だからこそ、

「どんな小さなことも、自分が幸せにできることは自分でやる」

と決めることが大切だと思います。
  

 

 


  
【たった一秒しゃがんでスリッパを揃えるだけで周りを少し幸せにできる】
【たった数センチ、自分の顔の筋肉を動かすだけで周りを幸せにすることができる】
  


その周りを幸せにできる行動を疎かにしない。


そこから幸せは作られていくのだと思います。