現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

子どもの自己肯定を伸ばす方法。結果よりも大切なことは「やってみたこと」。そこにフォーカスを当てると子どもは伸びる。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この日は
児童会役員選挙の結果が発表される日でした。

 

 


だからこそ
こんな黒板を書きました。

f:id:yumezyuku:20180310220636j:plain

 

 


私は常日頃
結果よりもはじめの一歩を大切にするように伝えています。

f:id:yumezyuku:20180310220814j:plain


どうしても
人は結果を意識してしまうようです。

 

 


当然といえば当然ですが

 

 

一生懸命練習した部活動の大会では
優勝したいし

 

 

一生懸命勉強した受験では
合格したいし

 

 

思い切って告白した相手とは
付き合いたいし

 

 

 

一生懸命演説した児童会役員選挙では
当選したいものです。

今回り立候補した子供は誰しも思っているはずです。

 


しかし、わたしはこうも思います。

 

 

 

努力をすれば夢が叶う
とは限らない。


その詳しい内容はこちら

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

多くの場合
自分がどれだけ努力して、100%の状態で臨んでも

 

 

相手
環境
タイミング

そのような要因で
努力が報われないことがよくあります。

f:id:yumezyuku:20180310221757j:plain

 

 

 

 

そんな時の

周りの人の声かけや
自分の心のリセット方法

 

 


自己肯定感がもてるかどうかが決まると思っています。

 

 

一番やってはいけないことは
結果だけをみて相手や自分を責めること

です。

 

 

 

また
頑張りが足りなかったとさらに努力させようとすること

です。

 


これは逆効果です。

 

 

 

今まで十分に頑張ってきたのに
まだ頑張りが足りなかった

 

 

ここまで頑張ったのに
さらに追い込まれる。

 

 


それでは
次回から頑張ることをやめてしまいます。
チャレンジをしなくなります。

 

f:id:yumezyuku:20180310222346j:plain

 

私は
それよりも

 


今までの頑張りを一緒に数える


今までやってきて学びになったことを共有する

 

チャレンジできたことを一緒に喜ぶ


ここが大切だと思っています。

 

相手がどうとか
環境がどうとか
タイミングがどうとか

そこは関係なく

 

自分で決めてチャレンジした

f:id:yumezyuku:20180310222517j:plain

 


そこに価値があると思います。