現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

最近、LINE@には
多くの悩みが送られてきます。

 

 

1日何十通もLINEがくることもあり
全てに返信することができていません(;_;)
申し訳ありません。


返信が来たらラッキー!
くらいに思ってメッセージを送ってくれると嬉しいです。


その分同じような悩みの人の解決ブログを

あげたりしていますのでそちらをご覧下さい。

 


今日は子どもが教えてくれた素敵なことを紹介しながら

勉強や仕事、部活などに対する
心の持ち方について伝えたいと思います。

 

 

 

部活がつらくて辞めたいです。
仕事がつらいです。
勉強をやる意味が分かりません。


そんなメッセージをいただくことが本当に多いです。

 

 


私自身、仕事の内容によっては
「これはここまで時間を割く必要があるのか?」と思うことも多々あります。

 

 

 

嫌なら変えればいいじゃん

とか言えません笑

 

私も仕事は断れない主義です。

 



 


部活が辛い。

f:id:yumezyuku:20180626212411j:plain


「じゃあ辞めたら?」

そんなに簡単に辞められません!

 

 

 

「じゃあ部活の嫌な部分を変えたら?」

そんな権限ありません!


みたいな。

 

 

 


仕事が辛いです。

f:id:yumezyuku:20180626212445j:plain

 


「じゃあ辞めて好きなことしたら?」

 

無責任!家族はどうするんだ!

 


「じゃあ部署でも変えてもらったら?」

そんな簡単じゃないんだ!

みたいな。

 

 

 


このように考えている人の多くは

 


受動的に生きている人です。

 

f:id:yumezyuku:20180626212555j:plain

 

 

 


厳しいことをいうと
「自分自身は何もせず、苦しまずに周りが自分の都合のいいように変わってくれないかなー。」期待をして待っている人です。

 


辛い
とか
楽しくない
とかは

受動的です。

出来事に関して、自分が感じたことです。

 


そのような人は
悩んでも行動に移す前に諦めてしまったり
ちょっと行動して変わらない現実があると
愚痴をこぼしたり、周りのせいにします。

 

なぜ私がここまで言えるか。
それはかつての自分がそうだったからです。

 

今でもたまにそんな昔の自分が顔を出します。

 

しかし
そんな時、家族や目の前の子どもたちが
教えてくれることがあります。

 

 

 

それが


能動的に生きること。
主体的に生きること。

 

「楽しい」「楽しくない」は
起きた出来事をどう感じたか
つまり
受動的です


しかし


「楽しむ」
起きる出来事を、自分でコントロールしようとすること
つまり
能動的です。

 

前置きが長くなりましたが
今日の黒板です。

 

f:id:yumezyuku:20180626212820j:plain

 

 

 

 


この日、子どもたちはプール清掃がありました。

f:id:yumezyuku:20180626213007j:plain

 


プールの中で水を使って掃除するなら
まだ楽しいかもしれませんが

 

 

私たちの学年は
炎天下の中プールサイドのゴミ拾い
プール周りを掃除
周りの汚れ取り


そんなもんです。

 

 

しかも、私のクラスは予定より掃除が遅れており他のクラスより

1時間多く掃除することに。

 


(あー。辛いだろうなー。炎天下の中)
そう思っていたら

 


子供の反応は全く違いました。


「ゴミ拾い発見!何個お前拾った?おれこんなに拾ったー!」

 


「ここ汚いよー!みんなー!きてー!」

 

「メッチャ白くなったー!すごーい!」

 

 


この炎天下の状況を

めちゃくちゃ楽しんでいました。

 

 

 


子どもたちは
「楽しいか楽しくないか」
で判断したのではなくて

「楽しむ」選択をしました。


現状は「暑い」「だるい」「めんどくさい」
だったかもしれません。

 

 

しかし

現状がどうあれ
「楽しむ」ことは可能です。

 

 

 

どうやって楽しめるかを考えて
それを表す。

 

今日も子どもから教えてもらいました。