現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

命について伝えたいなら命を真剣に考えて扱うこと実感して初めて分かることがある。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

命の大切さ
これは、大人として子どもに伝えていきたいことです。

f:id:yumezyuku:20180628194942j:plain



私は事あるごとに
命の大切さを子どもに伝えています。


給食の時
授業で

その記事はこちら。

 

www.nino2no.com

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

でも
いくら言葉にしても、いくら口で説明しても
伝わらないことがあります。

 

 


頭でわかっていても
腑に落ちていない状態。

 

 

 

例えば
給食の時に命の大切さについて話した時は
多くの子どもたちは
ご飯粒を残さず綺麗に食べるようになりました。

 

 

 


しかし
ただそれだけです。

 

 

 

 


どうなったら腑に落ちているかなんて
あまり測れないですが

 

 

私は
腑に落ちた時に初めて

 

 

他に応用できる

のだと思っています。

 

 


命を大切にする=ご飯粒を残さない
で止まるのではなく

 

 


友達を大切にしたり
食に対して感謝をしたり
親に感謝をしたり

 

 

そんな風になってくれたらいいなと思っています。

 


やはりそのために大切なことは

 

 

 


実感すること
ではないでしょうか?

 

 


私が一番命の大切さを感じた時は

 

 

10年以上飼っていた
愛犬が亡くなった時です。

f:id:yumezyuku:20180628195445j:plain

 

 

もう10年以上昔のことです。

 

 


なぜあの時
もっと可愛がってあげなかったんだろう?

 


なぜあの時
もっと散歩に連れて行かなかったんだろう?

 

という後悔や

 

一緒にキャンプに行ったこと
花火を見に行ったこと
というその犬がいなかったら味わえなかった思い出


そんなものを今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

5年生になると
メダカを実際に飼い
育てて観察をします。

f:id:yumezyuku:20180628195536j:plain


植物と違う生き物を初めてみんなで育てます。

 

 

 

 

しかし
子供は時に残酷です。
好奇心で、小さな命を殺めてしまうこともあります。
大切にしたい思いが強く
間違った育て方をしてしまう時もあります。

 

子供と一緒に
大切に育てながら
命の大切さを実感できたらと思います。

 

 

f:id:yumezyuku:20180628195729j:plain