現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

【子供をやる気にさせる方法】子どもを本気にさせたかったら、まずは自分から本気になること。相手を変えたいならまずは自分から変わる


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

相手は変えられない。
変えられるのは自分だけ。

f:id:yumezyuku:20180713205120j:plain

 

 


よく言いますけど
なかなかできないですよね( ´ ▽ ` )


特に親が子どもを変えたい。
先生が子どもを変えたい。
という場合。

 

 

 


これはなぜかというと
親も先生も、これまで生きて来て
培ってきた「固定観念」「経験」があるから。

 

 


さらに厄介なのは
過去に成功体験をした場合。


そうすると、自分の過去の経験が
絶対の法則
かのごとく、他のものを信じることが出来なくなります。

 

 


だから今でも
スパルタ部活や
悪質なタックルみたいな事件が起こるのだと思います。

f:id:yumezyuku:20180713205319p:plain

 

 

 

 

 

時代は変わるもの。


私たち大人より
子供の方がむしろ最先端を走っています。

 

 


それに対して
変われない大人は
疎がられるか、怖がられるかです。

 

 


話が逸れました!!
今日は、子どもを本気にさせる方法をお伝えします。

 

 

 

 

簡単です!!!!!

 

 

 


自分が本気になればいいのです。

f:id:yumezyuku:20180713205553j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


えー。
でも、先生だけ本気で生徒冷めてるとかけっこうあるパターンじゃなーい?(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 


って思う方いません?笑

 

 

 

 

たしかにいます。そんな熱血系!!

 

 

しかし、そんな時
決まって
こんな風に先生は言うはずです。

 

 

 

 

「さぁ!みんなも頑張ろう!!」
「なんで盛り上がらないんだ!!熱くなろうぜ!!」
「みんなでやろう!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・うるせ〜。

 

 

 

って思いません?笑

 

 

 

 

要は、その熱さを
押し付けてくる。。。

f:id:yumezyuku:20180713205827j:plain

 

 

すると、ウザい、熱い
となるわけです。

 

 

 

 


押し付けてはダメです。
別に教師が熱くなるのはいいのですが
冷めてる生徒に対して

熱くなれ!!!!!!!!

 

 

 


余計に冷めますね。

 

 

 

大切なのは
相手が熱くなるまで待つ
です。

 

 

 

 

しっかりとした信頼関係が成り立っていれば
教師が勝手に熱くなってると


何人かもつられて熱くなります。

 

すると、伝染は早いものです。

 

 

しかし

多くの場合は

 


「自分は熱くなりたくないけど、子どもには熱くいてほしい」なんて思う人も多いのです。

 

例えるなら勉強。


親は全く勉強をしていないでテレビばかり見ているのに
子どもに対して「勉強しなさい!!勉強しないと・・・」と、子どもを変えようとする。

 

それでは、なんの説得力もありません。

 

f:id:yumezyuku:20180713210008p:plain

 

 

 


相手の行動や心を変えたかったら
まずは自分から変えてみることです。

 

この黒板では、子供達の要望もあり
私も本気でドッジボールに向かおうと
作戦を練りに練って黒板を書きました。

f:id:yumezyuku:20180713210514j:plain

 

5年同士の戦いに勝利し

次は、準決勝!6年生との大勝負です。

もちろん子どもたちの本気度は半端ではありません!

 

 

どんな結果になったかはまたお伝えします!