現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

【結果よりも過程って言うけどさ。一生懸命やったら結果も気にしちゃうよね!!】席替えチャレンジ結果報告


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

今回の席替えチャレンジが終了しました。
席替えチャレンジの内容はこちら

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 


2日目には敢えて「難しい」と伝えることで
モチベーションを持続。

 


2日間のチャレンジを終え
ここからは先生の作業。

 

 


どんな作業かと言うと
本当にチャレンジを達成したかどうかを、数える作業です。


今回のチャレンジでいうと

 


全員の顔が写っている?
手を繋いだ写真は何枚ある?
変顔は何枚?
などなど、1枚1枚確認します。

見つけたら名簿にチェックをしながら。

 

 

 

 

 

これが結構大変な作業。

f:id:yumezyuku:20180726172723j:plain

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

絶対にやります。

f:id:yumezyuku:20180726172918j:plain

 


それは、子どもたちが本気でチャレンジに臨んだ結果だから。

 

 


そこを、適当に数えて
「みんな頑張ってたからおっけー!」にしない。

 

ここで「過程と結果」どちらを大切にするか

という話が上がります。

 

 

 

 

よく、「結果より過程を大切にすべきだ!」という話を聞きます。

 

 

 

 


私もそれは賛成です。

 

 

 


しかし!!!!!
「頑張ったからいい」では
ダメです!!!

 

 

 


何故かって


子どもは結果を出すためにがんばってきたから!!!

 

 


例えば受験。
受験に失敗した時落ち込んだ子どもに対して
「頑張ったんだからいいよ。前を向こうよ」なんて言葉をかけてはいけない!

 

 


こどもは、結果を出すために頑張ったんだよ。そこを目指していたんだよ。

 

その気持ちをそらすように「頑張ったから」と言われたら

余計に惨めになります。

 

f:id:yumezyuku:20180726173350j:plain

 

 

 

 

まずはその子どもの
「結果を求めて取り組んだこと」を認めてあげることが大切だと思います。

 

だからこそ私は
必ずチャレンジの時は
ルールに沿ってチャレンジが達成出来ているかどうかを数えます。

 

 


それが、子どもたちが本気で取り組んだことに対する礼儀だから。

 

そうやって子どもが「結果を追い求めたこと」をしっかり受け取ってから

 

 


初めてこれまで頑張っ出来たことを認める。

 

 

 

今回も、全員写真を確認して
少し足りない写真もあった
と伝えた上で

f:id:yumezyuku:20180726173636j:plain


でも、みんなの頑張りや、幸せな写真をみて嬉しくなったことを伝えました。

 

 


その写真は
すべて教室に掲示してあります。

 

結果よりも過程は大切だと思います。
しかし、まずは子どもが「結果」を求めてきたことを認めてあげるべきではないでしょうか?