現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

遠足の日には忘れ物無いのに、通常授業は忘れちゃう!!忘れ物0に向けた子供による本気の戦いと本当の教師の思い。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この記事は前回の続きのブログとなります。
前回を見逃した方は
こちらからどうぞ!!

 

www.nino2no.com

 

 


前回の黒板を書いた日
子どもたちに1時間という時間をあげ

 

 

 

子ども忘れ物対策チームの忘れ物0会議が開かれました。

f:id:yumezyuku:20180918223628j:plain

 

 

 


忘れ物が多いと思う子が司会を務め、

どうしたら忘れ物が減るかを子どもだけで話し合う。

 

 

 

 

先生は本当にただただ黙って見ている。

 

 

そして
「明日は忘れ物を0にしよう!!」と
考え出したものが

 

 

 


A、忘れる気は無いけど、何を持ってくるのか忘れちゃうパターン対策

 

 

次の日の持ち物を連絡帳に全て書き出す
という作業をしていました。
・国語の教科書
・国語のノート
・漢字ドリル
・算数の教科書
などなど全てを書き出す。

f:id:yumezyuku:20180918223947j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

B、忘れ物しちゃいけないことは分かるけど、家に帰ると「まーいっか」となり、そのまま朝を迎えるパターン対策

 

 

・忘れたらその日に先生が親に電話(個人の罰ゲーム)
・忘れ物がなかったら週末の宿題がなし(個人のご褒美)
・忘れ物があったら明日の宿題二倍(チームの罰ゲーム)
・忘れ物がなかったら席替え(チームのご褒美)
を考え出しました。

 

 

 

 

本当は
ご褒美や罰を与えることは
あまりよくありません。
なぜかはこちらの記事に載せています。 

www.nino2no.com

 

 

 

 

しかし、今回は
これらの罰やご褒美を先生が決めるのではなく、自分たちで決めたことに意味があります。

 

 

 

 

自分たちで決めたからこそ
単なる目の前にぶら下げたニンジンや、ジョッキーの鞭にならず

f:id:yumezyuku:20180918224150j:plain

 

 

 

 

 

 

 

自分たちで考え行動できるようになるツールとなると思っています。

 

 

 

 


ここまで時間を取り
ここまで本気で考えた。

 

 

 


あとは、家に帰って本気で忘れ物0になるように取り組むだけだ!

 

と伝え、家に帰しました。

 

 

 

 

後から聞いたのですが

ある子は、任天堂DS?スイッチ?のチャット機能を使って何人もの友達に
「明日の用意した?」
「やってないならやる!」
「やってから遊ぼう」
などの短いメッセージを送りまくっていたそうです。

 

 

 

 

 


ある子は、仲の良い友達の家に行き、

その子の明日の準備を一緒にして

次は自分の家に友達を呼び

一緒に準備をしてから遊んだそうです。

 

 

 

 


ある子は、

帰ってから・寝る前・起きてからの

3回チェックをして漏れがないかを確認したそうです。

 

 

 

 

 

ある子は、チェック表を作りチェックをしたそうです。

 

 

 

そして、運命の当日の日
こんな黒板を書きました。

f:id:yumezyuku:20180918225021j:plain

 

 

 

 

 


私は、話し合いをして、みんなの心が本気になった時点で
忘れ物があろうが無かろうがどちらでも良いと思いました。

f:id:yumezyuku:20180918225138j:plain

 

 

 

 

 

 

本当の目的は
ある課題に向けて
今日一日だけでいいから本気で取り組もう!!

とその1日を生きることが出来ること。

 

 

 

 

忘れ物って毎日毎日気をつけないといけないんです。
慣れてくると習慣化しますが
慣れないと毎日忘れたりします。

 

 

 

 

でも
運動会の日はみんな絶対忘れない。
遠足の日は忘れ物はありません。

 

 

 

 

つまり、毎日の授業や毎日の学校生活は
運動会や遠足ほどの
やる気やワクワクがないことになります。

 

 

 

 

それは教師の力量不足。

 

 


でも、

そんな日でも本気になれるんだ。
そんな日でも、本気になると清々しい。
そんな日でも、本気になるっていいな。
そんな日でも、本気になるとできるんだ。

 

 

 


そんなことを感じて欲しいと思っていました。

 

 

 

 


だから、忘れ物を確認する前に
みんなに聞きました。

「本気で取り組んでみてどうだった?」
すると

 

 

 

 

 

「なんかワクワクした」
「遠足前の気分に近い」
「忘れ物してないって思うと自信がついた」
そんな言葉が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクするから行動するのではない。
行動するからワクワクするのだ。

 

 

 

これを子どもが証明しています。

 


みなさんも、毎日のなんでもいい。
なんでもいいから、本気で考え、本気で取り組んでみると
人生がワクワク輝きだすと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに結果は0!!
とまでは行かず
1つだけありました。

しかし、そんなことはどうでもいいのです。

 

 

 

その子は常に3〜4個忘れ物をしちゃう子。
真剣に考え、行動した結果です。
素敵です( ^ω^ )

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!