現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

子どもの「出来ない」には理由があった!それは、成長の〇〇を知らず、そこに到達していないから!成長と習慣の多くの人の勘違い。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

みなさんのお子さんってこんなことありませんか?
「宿題を忘れちゃいけないって言ってるのに」忘れる
「勉強しろって何度も言ってるのに」やらない

 

 

 

 

 

 


学生の皆さんだったら
「ここで遊んじゃったら後で宿題が辛くなるのは分かっているのに」やらない

 

 


「勉強しなきゃいけないのは分かっているのに」やる気にならなくてできない

 

 

 

 


そんなことはありませんか?

 

私の目の前の子供達もまさにそうです。

 

 

 

 

 

「宿題は忘れちゃいけない」
「話している人の方を見て話を聞く」
「教室の中で走り回ると危ない」

 

 

 

 

 

そんなことは誰でも知っています。
(本当にそうなのか?と疑問に思うこともありますが、今回の話とは違うので置いておきます)

 

 

 

 

 


前回、
子供達は、自分たちで「クラスがよりハッピーになるために」
という思いを共有し
自分たちだけの「ハッピールール」というものを決めました。


そのブログがこちら。

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

しかし!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

こんなに子供達は真剣に考え、クラスが一体になったのに

決めた次の日から

 

 

「廊下や教室で走っている子を発見!!!」 

f:id:yumezyuku:20181017063018p:plain

 

 

 

 

「おい待て!!!!」

f:id:yumezyuku:20181016212917j:plain

みんなで作ったルール!

 

 

 

 

 

 

 

昨日あれだけ考えて

みんなで作ったルールを一瞬で無視!!! 

f:id:yumezyuku:20181017063226p:plain

 

 

 

 

 

 

 

その子を呼んで話を聞くと

「調子に乗ってしまいました」

「頭では分かっていたけど、忘れてました」

 

 

なんて答えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時の指導で

「ダメじゃないか!ちゃんと守らなきゃ!」「もう忘れたのか!!」「なんども言ってるだろ!」

 

と言っても無意味だと最近知りましたw

(最近かよ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は私もそうやって指導してしまっていましたし

たまにそうやってしまいます。

(無意味だと分かっていてもやってしまう。それもまた子供と同じですね。)

 

 

 

 

なぜ無意味なのか。

 

 

 

それは、子供も

「ちゃんと守る」「忘れずに廊下は歩く」なんてことは

知っているからです。

 

 

 

 

 

 

実は、できるようになるまでには段階があります。

 

 

 

 

 

 

 

もっというと、できるようになる=習慣化できる

ということです。

 

 

 

 

 

ここで詳しいことを書いていると

2万文字くらいになってしまうので

 

 

 

 

詳しく習慣化のことを知りたかったら、以下のブログを参考にしてください

hajimeterasu.com

 

 

 

 

 

 

 

今回はその一部である「習慣化までのプロセス」を子供にも伝えました。

 

 

 

 

 

実は、習慣になるまでには段階があります。

その段階を理解し、自分がどこにいるのかがわかれば

そして、どこまで「意識して続ければ良いのか」がわかれば

無意識に習慣として行動できるようになるのです。

 

 

 

 

f:id:yumezyuku:20181017064321p:plain

 

 

 

 

 

レベル①「知らない段階」無意識領域

これは、「廊下は走ってはいけない」と知らない段階。この場合の指導で有効なのは

「廊下は歩くんだよ」と教えてあげることです。

幼稚園児や小学1年生には有効ですね。

 

 

「廊下を走るな!」「なんで走るんだ!」なんていう指導が無意味なのは、子供がこの段階より上に行っているのに

ここで使う指導法を使っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベル②「知っている段階」意識領域

これは、「廊下は走ってはいけない知っている」状態。

ただ、ふざける、走るが当たり前。

先生に言われないと歩かないような子はここに位置します。

 

 

ここでは、知っているだけなので、あまり深くなぜいけないのかはわかりません。

一緒に「走るとどうなるのか」「なぜダメなのか」などを考えると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

レベル③「できる(分かっている)段階」意識領域

これは、「廊下を走ると危ない」「走ってはいけない」しっかり理解している状態。

歩くのがスタンダードだが、これもまだ意識していないどできない状態。

 

なので、何も考えていなかったり、楽しい気分になっている時、友達と遊んでいるときなどは、ついつい本来の「走る」が出てしまいます。

 

こんな時は無意識に走っているので、逐一意識できるように気づかせてあげることが有効です。根気よく。

ここでは叱ることはあまり必要ありません。

本人たちは分かっているし、理解しようとしているので。

 

 

 

 

 

 

 

レベル④「できている段階」無意識領域

 

ここまで来て初めて習慣化達成です。

ここまでくると「歩くことが当たり前」になり、何も考えていない時、楽しい気分の時、友達と遊んでいる時だろうが

 

無意識に歩きます。

ここで完成です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかができたか?

多くの人は「レベル②」か「レベル③」で完成だと思っているから

 

「何度言ったらわかるんだ!」と怒ってしまうわけです。

 

 

 

そして、レベル②、③は

まだ「意識」しないとできない状態です。

 

 

だから、何度言ってもできないのです。

 

 

 

 

 

それをレベル④に持っていくには

正しい知識と

正しい方法と

正しい行動と

応援しあえる仲間

 

が必要になって来ます。

 

 

 

それを伝えつつ

クラスでも作っていこうと思います。

f:id:yumezyuku:20181017212416j:plain

 

 

大人の方で

それを身に付けたい方は、ぜひ「はじめてらす」に遊びに来てください!

 

hajimeterasu.com

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!