現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

【保護者向け】子供が学校に行かない場合は、これを試してみてください。理解しようとすることの重要性


LINE@に登録すると3ヶ月で費用13万円の「やりたいことを形にする」講座
はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント
悩み相談、子育て相談も可能。気軽にれご連絡ください!
f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

今日はハッピー黒板から少し離れます。

最近、相談の中で多い内容があったので、まとめてブログに書かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

中学生の子どもが学校に行きません。

小学校の子供が引きこもっています。

 

そんな相談をよく受けます。

 

 

そして

 

引きこもっていないまでも

 

 

学校が楽しくない

学校に通うのが辛い

部活楽しくない

 

 

そんな風に思っている子の声もたくさん聞きます。

 

 

今日は、そんな悩んでいる子を持っている保護者の皆様に向けてブログを書こうと思います。

 

「子供が学校に行けない」の画像検索結果

 

 

 

学校は行かなきゃいけない?学校が通わせなきゃいけない?

 

まず、ブログで何度も書いていますが

学校は行かなきゃいけない

学校は行かせなきゃいけない

という義務的概念が少し間違っています。

 

 

教育の義務について、日本国憲法第26条ではこう明記されています。

 

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。

 

 

保護する子女に普通教育を「受けさせる」。この文脈から、「親」(大人)にその責務があることが示されています。

ここで大切なのは「親への義務」であって「子供が学校に通う義務」ではない。

ということです。

 

 

 

 

逆に子供たちは、「教育を受ける権利」があります。

 

 

 

 

子どもたちには「教育を受ける権利」というものが保障されていて、これも同じく日本国憲法第26条に定められています。

 

すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

 

 

つまり、「権利」なので子どもたちが放棄する分にはなにひとつ問題はありません。

そのぶん、親(大人)には、子どもたちに普通教育を受けさせるために必要な環境を整備する「義務」がある訳です。

 

 

そしてこの普通教育は、

「必ず学校に通わせる」ということを意味している訳ではありません。

ここ重要!!!!

 

 

 

ここを勘違いされる方が多いのですが

「普通教育」を受けさせる義務学校に通わせなきゃ

 

という考えになりやすいのですが、そうではありません。

 

 

フリースクールでもいいし

インターネット授業でもいいのです。

 

 

逆に子供が「学校に通いたい」「勉強したい」と言っているのに

「そんなもんダメだ!働きなさい!」「ダメだ!行く意味はない!」

と言って学校へ通わせないと法律違反になります。

 

 

 

 

 

他にも、いろんな法律がありまして

複雑なのですが、「学校に通えない」と子供が言っている時には

親御さんは、無理やり学校に通わせなきゃいけないわけではない

ということを覚えておいてください。

 

 

 

 

 

学校へ通わない選択をする人が増えている

 今は価値観の多様化により

「学校が合わない」と考える子が急増しているのも確かです。

詳しくはこちらをごらんください。

www.nino2no.com

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

しかし、もちろん、

学校の先生は学校に来て欲しいと思っています

当たり前です。

それは、自分の学級の子が心配で、大切だと思うからです。

 

 

 

 

それに、学校の先生の多くは

学校に対して良いイメージを持っている人

がほとんどです。

そうじゃなければ、学校の先生を目指さないでしょうし

学校の先生を続けられないと思います。

 

 

私みたいに批判的に見たり、肯定的に見たりする先生もいらっしゃるでしょうが。

 

 

 

 

 

 

 子供が学校へ行きたくない場合どうしたらいいの?

 

ズバリお答えします。

それは、「子供の関心に関心を向けること」です。

 

 

ここで間違ってはいけないのは

子供に関心を向ける 

×

 

 

子供の関心に関心を向ける

これが大切。

 

 

行きたくない理由を

批判的な目で見るのではなく

理解しようとする姿勢と聞き入れようとする態度。

 

 

そこが大切だと思います。

まずは現在の子供を理解する。

そうしたら、子供は親を理解しようと思ってくれます。

 

 

そこで初めて

親の考えを相手を尊重しながら伝えることです。

 

 

 

そこの意見や考えが対立した場合は

そこも、相手を尊重しながら

じっくり話をすることです。

 

 

 

忘れないでください

 

 

 

基本的に子供の方が

圧倒的弱者なんです。

「弱者」の画像検索結果

 

 

 

経済的にも

力も

知識も

子供の方がありません。

 

 

なので無理やり行かせることもできます。

 

 

しかし、それでは解決しないのです。

 

 

 

 

大切なのは円滑なコミュニケーション。

   

 

 

子供を思い通りにしたい

と思っている親はあまりいないと思います。

 

しかし、

そう感じている子供は多いと思います。

「親の操り人形」の画像検索結果

 

 

だから親へ隠し事をしたり

反抗したり

本当のことを言わなかったりするのです。

 

 

 

子供に対する思いが強ければ強いほど

子供にそう感じさせてしまう。

 

 

 

もし、そんな悪循環だったら

嫌ですよね? 

 

 

 

まずは、子供を一人の立派な人間だと

尊重する姿勢が大切なのではないでしょうか?

 

 

失敗しても立ち直れる。

道を踏み外しても大丈夫。

この子はきっと乗り越える。

 

そんな風に考えながら、子供を理解してあげるところから始めませんか?

 

 

 

 

自分が成長しよう

一番の解決法は

自分が成長することだと思います。

 

 

 

子供を信じられる自分になること

子供とのコミュニケーションを上手に取れる自分になること

子供を許せる自分になること

自分を許せる自分になること

 

 

 

これは、実は本当に辛いことです。

勇気と覚悟が必要です。

 

 

 

子供が学校に行かないのを

自分が関係していると受け入れる行為ですから。

 

 

自分自身を幸せにしてあげる努力をする。

自分自身を許す努力をすることも必要だと思うのです。

 

 

 

 

相談ごとがあればLINE@かメッセージにてお願いしますLINE@はブログの一番上から登録することができます。

(たくさんのメッセージを頂くので、なかなか返信できない場合があります。ご了承ください) 

 

 

 

 

 

コミュニケーションに対しての勉強はこのブログをみてください。

hajimeterasu.com

 

 

 

引きこもり支援をしている団体の「親塾」が開講されます。

興味のある方はぜひ

onestep-nishio.com

 

 

 

輝く高校生や、世界で活躍する日本人に合わせて

刺激が欲しい方はこちらをごらんください。

〜Tv上映会&後藤勇太トークライブ〜カンボジアに行った高校生から孤児院の子供へ向けて

 

f:id:yumezyuku:20181127192906j:plain

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!