現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

あがり症にも役立つ本番に緊張しない方法 緊張する人の原因と緊張しない人の心理から「緊張を読み解く」


LINE@に登録すると3ヶ月で費用13万円の「やりたいことを形にする」講座
はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント
悩み相談、子育て相談も可能。気軽にれご連絡ください!
f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

今日の黒板を書いた日

私たちの学校では音楽会の当日でした。

 

「合唱祭 イラスト」の画像検索結果

 

 

この2週間、この日に向けて、子供たちは本当に一生懸命練習に取り組んで来ました。

 

 

 

 

最後の最後は

今までの練習の成果を十分に発揮して欲しいものです。

 

 

しかし、本番

 

 

保護者&全校の前で発表する

 

 

当然緊張度が違うわけです。

f:id:yumezyuku:20181024213848j:plain

 

 

 

 

今日は、黒板にも書いたり

直接子供たちにも話をした

緊張する人の原因と、緊張しない人の心理

そして

緊張しない方法をお伝えします。

 

 

f:id:yumezyuku:20181129063313j:plain

この日に書いた黒板です

 

 

 

 

緊張する人の原因

「うまくやりたい」という気持ちが強い

 

緊張はほとんどの場合「上手くこの場を乗り切らないと」と思う自分自身へのプレッシャーが引き起こしていることがわかっています。

 

 

更に具体的に言うと、自意識過剰になってしまっているということです。

 

いつもより良い結果を出したい。

練習以上に良い結果を期待している。

うまくやらなきゃ。

 

そんな気持ちが、緊張を生み出しているのです。「自意識過剰」の画像検索結果

 

 

 

 

 

相手を過大評価している

自分より格上の相手と試合をする時や、自分より上な立場の人に話をしなきゃいけないときって緊張しませんか?

 

また、少人数で話すより、大勢の前で話す方が緊張しませんか?

 

本当は相手が誰であろうと同じことをするだけなのに、緊張度が違うのは 

 

 

相手や物事を過大評価してしまっていることが多いのです。

「過大評価 イメージ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

練習をしたことによる期待が大きい

これは、ポジティブに捉えても良いことなのですが

練習を行って来たから緊張するということがあります。

 

 

人は、自分の行動に比例して、期待値も大きくなる傾向がある

 

 

つまり、練習すればするほど

「うまくいくはずだ」という期待値が増えていき

それが

「うまくいって欲しい」という願いに変わります。

 

すると、自意識が過剰になりやすく、緊張してしまうということです。

 

 

 

 

 

 

 

では、緊張しない人はどんな人でしょうか?

 

 

緊張しない人の心理

緊張は誰もがする、当たり前だと思っている

 

 

「緊張しない方法ですか??そんなのありませんよ。ぼくも足がプルプル震えていますから。でも慣れますよ」

 

これは、元メジャーリーガーの松井秀樹の名言です。

「松井秀喜」の画像検索結果

 

 

「自分だけ緊張している」

そう考えている人は、緊張が高まり

 

「みんなも緊張するんだ」

そう考える人は、落ち着いて来ます。

 

 

 

 

 

 

また、「緊張した。どうしよう」

と考えると、緊張は悪いものになります。

 

 

「緊張は当たり前。そのうち慣れる」

そう考えると、前向きに緊張を捉えられるようになります。

 

 

 

 

どんな人でも、緊張するのは当たり前なのです。

ただ、緊張状態に慣れているだけ

だと理解してください。

 

 

 

圧倒的に練習して「自信」をつけている。

緊張してしまう原理と矛盾しているかのように見えますが

緊張していない人の多くは

「圧倒的に練習している」という傾向にあると言われています。

 

 

そして、「もうこれだけやりきった。これ以上準備することはできない」

というところまで行うと

 

 

「成功するさ!これだけやったんだ」

「これで失敗したらしょうがない。」

 

というどちらに転んでも、ポジティブに受け取れる状態になります。

 

 

そこまで練習をできたら

「今すべきこと」にしっかり目を向けることができます。

 

 

 

 

緊張をネガティブに捉えていない

 緊張=悪者

と捉えてしまうと、どうしても「緊張をなくそう」

と考えてしまいがちです。

しかし、緊張しない人は、「緊張」は悪いものだと捉えていません。

 

そして、

緊張は、もともと「良いもの」でした。

詳しくはこちらに書いてあるので、こちらをご覧下さい。

 

 

www.nino2no.com

 

 

上のブログでもお伝えしましたが、ここにも紹介しておきます。

あの「松岡修造」さんがテレビで語っていた話です。

 

f:id:yumezyuku:20170820102808j:plain

緊張するのは、自分自身が本気になっている証拠です。
僕自身、テレビ番組や講演会など人前で話すときは、今でもかなり緊張しています。手が氷のように冷たくなり、心臓の鼓動が聞こえるときもあります。

でも、緊張している状態は嫌いではありません。
極度に緊張するのは、「この思いをしっかり伝えたい」「この試合は絶対に勝ちたい」、そんな気持ちが強いからです。

なんとなく中途半端だったら、緊張しないはずです。
それだけ自分が本気になっている証ですから、「緊張してきた。どうしよう」と不安を覚えてはいけません。
逆に『緊張してきた。よっしゃあー!』というぐらい、自分を応援したり、喜んじゃいましょう。

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!