現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

学校で会社の仕組みと、経営を学ぶ「係活動会社化」。制限をつけてクリエイティブに考えよう


LINE@に登録すると3ヶ月で費用13万円の「やりたいことを形にする」講座
はじめてらすの講義動画を無料でプレゼント
悩み相談、子育て相談も可能。気軽にれご連絡ください!
f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

ハッピー黒板誕生秘話
褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

私のクラスの係活動は、はっきり言って変わっています。

むしろ、最終目標は「係活動をなくす」

と子供達にも明言しています。

 

 

その思いと活動かこちらからご覧ください。

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

そんな中で

2学期は、「自分から係を作ることができる」「自分たちで新しいことにチャレンジできる」ように、係活動を会社化し

 

クラスをどれくらいハッピーにしたか

という基準でクラス内通貨の「ハッピー」を貯めて

自分の係会社を大きくするという

プチ会社を運営させています。

 

 

詳しくはこちら

 

www.nino2no.com

 

 

簡単にルールを説明すると

1.各係につき、50ハッピー(クラス限定の紙幣)を配る

 


2.各係は、通常業務以外にクラスがハッピーになることを考え、行うことができる。

 

3.その活動は、バイトを外部から募集しなければならない(1人以上)

 

4.バイトには、日給、週休、もしくは能力給を予め明示して募集をかける

 

5.掲示板に募集をかけ、多ければ面接。

 

6.そのバイトと係のメンバーでハッピーになる活動をする。

 

7.先生がその活動に対して、どれくらいクラスがハッピーになったか査定をして、ハッピーをプレゼント。

 

8.月に一度係会議を行い、係がクラスをハッピーにしているかを査定する。

 

9.50ハッピー以下の係は「倒産」もしくは、先生と一緒に「再建」のどちらかをえらぶ

 

10.バイトとしてもらったハッピーは、自分の係のポイントに貯められる。

 

 

 

今日の黒板を書いた日は、この8番目

月に一度の係会議の日

でした。

 

 

1つの係を除いて

自分たちがはじめに受け取った資本金(50ハッピー)より

資産を増やすことができました。

「資産を増やす」の画像検索結果

 

 

1つの係のみ

資産が半分ほどに減ってしまいました。

「資産 が減る」の画像検索結果

 

 

 

 

 

その係は「算数係」という係で

算数を好きになってもらう、算数を楽しんでもらうこと

が主な仕事。

 

 

最初クラスのみんなに

「みんなが解きたくなるような算数の問題を1問作るごとに1ハッピーバイト代を出します」

と募集をしたところ

 

 

募集が殺到

 

一番多い人で

8問作り、多くの人にバイト代を渡してしまいました。

 

 

 

そして、気づいたら

いきなり財政がピンチ!

関連画像

 

 

 

 

 

 

それで

たくさんの人が問題を解いて「算数面白い!」ってなってくれたら

先生からハッピーがもらえるのですが・・・・

 

 

 

誰も問題を解かない

 

 

という悲しい現実が起きました。

 

 

 

子供達もこうして学びます。

「こちらが良いと思ったことも、相手によっては良いと思ってもらえないことがある」

「相手を喜ばすことを考えることも大事」

 

 

 

 

それでも多くの係は資産を増やし

目標をクリアしました。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

これは、当たり前なのです。

 

 

 

 

なぜ、増えるのかというと

市場に出回るお金の量が減らないから

です。

 

 

 

クラス内通貨の出所は

「先生銀行」です。

 

だから、教室内にある「ハッピー」は最初に渡した数より圧倒的に増えているのです。

むしろ、減ることがありません。

 

 

 

だから、どの会社も

うまくやれば、必ず目標達成できるように仕組みました。

 

 

 

 

しかし

それだけでは、面白くない笑

 

 

 

少しずつ、会社に近づけるため

次はこんなルールを設定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

経費を払う

「経費」の画像検索結果

 

 

 

 

例えば鉛筆1本を作るには

「木材」や「鉛」のような材料が必要になります。

 

車だって0円で作って販売しているわけではなくて

材料を買って、自分でアレンジしてさらに相手を喜ばせるものに変えて

お客に届ける

 

そんな作業をしています。

 

 

 

 つまり経費がかかる

 

 

 

そこで

前回まで無料で渡していたものを

有料化しました。

 

例えば

 

 

 

画用紙・・・2ハッピー

白紙・・・5枚で1ハッピー

名簿・・・1ハッピー

印刷・・・クラス分で3ハッピー

教室掲示・・・1日1ハッピー

 

などなど

 

 

こんなのもあります

授業時間15分・・・20ハッピー

授業時間45分・・・60ハッピー

 

 

 

授業も売っています。

 

 

 

これは小学校だからできることw

 

学活などをそこに当てることができる特権ですね。

 

 

 

経費と、利益を考えて

どうやってクラスをハッピーにするか考える。

 

 

人は、制限が多いほど

クリエイティブになります。

f:id:yumezyuku:20181210064219j:plain

その日に書いた黒板がこちら

 

 

 

しかし、私の構想は、これ以上です。

まだ、社会の仕組みではありません。

 

 

なぜかというと

 

お金の出所が「先生」だから。

 

 

 

 

いずれは

子供同士で

「ハッピーにしてくれてありがとう!」と言って、クラス紙幣を渡し合う状況を作ろうと考えています。

 

 

 

考えれば考えるほど楽しい活動です!

 

 

 

学生向けの記事はこちら

本当の友達ってなんだろう?友達の定義とは?

バカになれる勇気をもとう。周りに流されず感謝をもてるバカに。

「置かれた場所で」ではなく「咲きたい場所で」咲くために。置かれた場所でできること

【今しかできない事をしよう。未来に生きるのでもなく、過去に生きるのでもなく、今ココで生きる】

【最高の夏休みにするために必要なたった2つの『計画』のコツ】

スマホの使い方教室に物申す!スマホは「道具」にすぎない。

「楽しいか楽しくないか」ではなく「楽しむ」一択にすると仕事や勉強、部活が変わる。人生が変わる

勉強ができることより、仕事ができることよりもっともっと大切なこと

頑張ろうとするな!工夫をしろ!多くの人が目標達成できない理由

目標達成には技術がある。「やる気」に任せない目標達成術

同じ時間でも効率よく勉強する方法。全国学力テスト上位の県から学ぶ一気に逆転勉強法

学校に行きたくない・仕事に行きたくない人へ〜五月病から脱出する方法〜

全員に好かれなくていい。全員に賛同されなくていい。それもありだなと受け入れる器をつくると問題はなくなる

「勉強がめんどくさい」「勉強がめんどくさい」人のためのブログ

学校がつまらない人に告ぐ。人のせいにする人生をやめて自分が変わる人生を生きようよ。

緊張をほぐす方法、メンタルを強くする方法【緊張=〇〇状態】

部活をやめたい人に伝えます。部活はやめてもいいんだよ。やめる前に一回自分に問いかけてみて。

部活をやめたいと思った時に読むブログ。部活動は人生を豊かにするための「道具」

名言集はこちら

10秒で読める名言ばかりを集めています。

本気になりたい君へ送る名言

武井壮が語る「練習」に対する名言

「バスケの神様」に学ぶ決断する勇気

継続する大切さを教えてくれる五郎丸の名言

人生とは何か?

もうダメだと思った時、力をくれる名言

親がうざいと思った時に読むといい「みさえ」が教えてくれる親の本音

二つの道で悩んでいるあなたへ送る名言

頑張っているのに成果が出ない時に読みたい名言

「お前にはできない」そう言われた時に読みたい「不可能を可能にした男の名言」

「今やっていることが結果に繋がるのか」と思った時に読む名言

イチローだって練習嫌い?辛い勉強や部活のやる気を起こさせてくれる名言

受験前に見ておきたい折れない心を作る名言〜ピカソ〜

高校生が思わず涙したリアル名言集

受験で不安を覚えているあなたに送る10秒で読める名言集

徐々に追加していきいますね!